最近の記事

京都11R第36回「マイルチャンピオンシップ」(GT)予想大会

ダノンキングリーとダノンプレミアムという、同じダノン二頭のどちらを取るか、あるいは両方が正解なのか意見の分かれるところですが、ここは前者、二年連続で一着に来ている三歳馬でもある、ダノンキングリーから行きたく思う。

前走で出遅れながらもあのアエロリットをあっさり交わした点が大きいし、その勝ちっぷりが鮮やかすぎた点、東京コースはいいけれど京都コースはどうなのか、という点が気にかかるがそこまでずば抜けた人気ではなくこんなもんかなと納得できるので。

相手はインディチャンプ。チャンプとキングという語呂がいいのはもちろん、安定感があるし枠もいいところに入っているからである。前走は休み明けなのと少し距離が長かった。

というわけで、キングリー頭のインディ、二、三着固定の三連単で流せばOKだろう。気になるのは、ダノンと私がここのところGTでずっと勝ってていないことくらいかな。。
posted by 白馬の王子 at 15:25 | Comment(0) | 競馬予想と結果

京都11R第44回「エリザベス女王杯」(GT)予想大会

東京10Rでライラックカラーという名前の馬が勝ったのが気になる。この馬が来れば、スカーレットカラーとラッキーライラックが来るんじゃないかと。だからここでライラックカラーから流そうかどうか悩んだくらいだ。いや、先に買っておくのが正解で買わなくてはならなかっただろう。スカーレットカラーとラッキーライラックが来るというサインではなくて、単純にエリザベス女王杯でスカーレットカラーとラッキーライラックが出走するからここでライラックカラーを買っておきなさいというサインだったのかもしれないのだから。。

というわけで全く分かりません。ラッキーとスカーレットのワイドと、ディープ産駒丼でも買っておこうかな。
posted by 白馬の王子 at 15:37 | Comment(0) | 競馬予想と結果

東京11R第160回「天皇賞・秋」(GT)予想大会

これは人気上位馬の争いで仕方がないんじゃないかな。これは買うレースというよりも見るレースだと思います(まぁでも、穴馬のカデナとケイアイノーティックのワイドでも買っておくかな)。久しぶりにアーモンドアイの強い走りが見たいですね。サートゥルナーリア、ダノンプレミアムとの対決も楽しみ。
posted by 白馬の王子 at 15:38 | Comment(0) | 競馬予想と結果
2019年10月20日

京都11R第80回「菊花賞」(GT)予想大会

◎はヴェロックスで仕方がないんじゃないかな。相手は、内の三頭からか。これだと、三連単で勝負しないとあまり付かないけどね。。
タグ:京都 菊花賞 GT
posted by 白馬の王子 at 15:36 | Comment(0) | 競馬予想と結果
2019年10月13日

京都11R第24回「秋華賞」(GT)予想大会

今日の開催は、台風の影響で京都のみ。レース数が少なく時間的に余裕があるのでじっくり考えられるのがいいところ。皆も秋華賞をじっくり考えられたんじゃないかな。

私の穴馬は、3番ブランノワール、9番シャドウディーヴァと10番シェーングランツ、そして18番シングフォーユーの4頭になります。

特に期待しているのは、18番のシングフォーユー。

この馬の姉は、エリザベス女王杯で12番人気2着に絡んだのも記憶に新しい、シングウィズジョイ。ジョイは、父マンカフェだったが妹のフォーユーは、今を時めくジャスタウェイになって強化されているところも強みだ。ジョイと同じく母父がシンボリクリスエスなので、重めの馬場も良さそうなところもポイント。更にこの馬、未勝利とスイートピーSで、オークス二着で今回も人気上位の一頭、カレンブーケドールの二着に来ていて共にクビ差とそう差がないところも気になる。しかも2レースごとにブーケの2着でこの秋華賞もスイートピーの2着からちょうど2レース間隔が空いているのである。二度あることは三度ある!?

10Rが最下位人気のシベリアんタイガーなんかが来たのでメインの秋華賞はそう荒れなさそうな気配がして来て残念ですが、これだけのワクワク要素があってのこの人気なのですから一応、買っておかなきゃ損な気分になります。何より、逃げてくれるかもしれないのでどこまで粘ってくれるかドキドキして楽しめます。いやここはどうしても逃げて欲しいですね。

タグ:秋華賞 GT 京都
posted by 白馬の王子 at 15:34 | Comment(0) | 競馬予想と結果