最近の記事

中京11R第17回「チャンピオンズカップ」(GT)予想大会

どうも断然人気のアウォーディーが怪しいんだよな。
連勝街道まっしぐらなところがまた怪しい。
そう言う時こそ隙が出たりするんだよ、
ポストポンドにもしてもそうだったじゃないか。
それに最近はいつも僅差で勝っているのだ、
まだまだ余裕がある、力がないとできない勝ち方なんて言われるが
果たしてそうだろうか。
フサイイチホウオウだってそうだったじゃないか、
限界ギリギリで走っているとも見ることができる。
そう、つまり大目標のこの中央GTの大舞台で
疲れが出ちゃうのパターンである。
まぁなんやかんやいって
人気になりすぎているので買いたくないだけである。
鞍上もまた武である。GT連勝なんて格好良すぎる。

穴馬は1番カフジテイク、4番アスカノロマン、5番ロワジャルダンの三頭。
どいつもこいつも匂うからである。
もちろん悪臭ではなく、美味しそうなそれが。
カフジテイクはこの大舞台でやれる強心臓があるかどうかと
距離が持つかどうかだけ。ハマればその切れ味が黙ってない。
アスカとロワは似た雰囲気を醸し出している。
ここで一発やるんじゃないかのそれである。
どちらも力はある。あと超大穴でメイショウスミトモ。
それなりにやれるからである。ワイドで買っておきたい。

三頭の相手であるがこちらも、12番ゴールドドリーム、
9番ノンコちゃんのユメ、8番サウンドトゥルーの三頭である。
モーニンを入れてもいいがちょっと点数が増えすぎるので我慢がまん。

もし上の穴馬たちが来なければ、
ラニかアポロケンタッキーが来るだろう。
というわけで、保険としてラニ、アポロ、モーニン、サウンドトゥルー。
この四頭のワイドも押さえておきたい。

さらにもしこれらも来なければ、ガチガチである。
アウォーディーが来るだろう。
その時は仕方がないので寝ます。

posted by 白馬の王子 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

京都11R第36回「ジャパンカップ」(GT)予想大会

キタサンブラックとゴールドアクターが強いのは分かっているが
どちらもいつもギリなのでなかなか買いづらいものがある。
特にキタサンは唯一大敗したことのあるのが
このジャパンカップと同じ距離、コースで行われた、日本ダービーなのである。
また内枠なので杞憂に終わりそうではあるが……。

てことで、軸はディーマジェスティ。
ディーマジェは最強世代の三強の一頭なのである。
東京は得意だし、人気が落ちたここはチャンスだ。

穴馬はディープ産駒の牝馬ビッシュと三連勝と勢いのあるトーセンバジル、
外国勢からイキートスとイラプトとする。
posted by 白馬の王子 at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

京都11R第33回「マイルチャンピオンシップ」(GT)予想大会

有力どころが皆、歳をとり、
若いのにもこれといった強力な馬が見当たらないため、
非常に難解に思えるレースになった。

ここは、こういう雰囲気のレースは
大きいのを狙ってもいいのだろうか。
いかにも荒れそうだが荒れず、固く収まるのパターンだろうか。
一体どちらだろう。
あぁ、神様がせめて荒れるか荒れないかだけでも
教えてくれたら予想がしやすいのに。

人気通り、サトノアラジンかイスラボニータのどちらか
上手く行けば両方とも絡みそうな気もするので
一応、サトノ、イスラからの三連複を流しておこうかな。
そうしてあとはワイド大穴で遊ぼう。

穴馬は、12番ウインプリメーラ、6番ダノンシャーク、14番クラレント、
13番ダコール、18番サンライズメジャーの5頭。
あと人気薄のディープ丼も面白いかもしれない。
1番ディサイファ、6番ダノンシャーク、9番サトノルパン、
13番ダコール、17番ガリバルディのこちらも5頭である。
GUマイラーズC上位組狙いも面白い。
こちらは6番ダノンシャーク、7番フィエロ、14番クラレント、
18番サンライズメジャーの4頭である。

と書いたところで
叩き三戦目のロードクエストかマジックタイムのどちらかが
絡みそうな気がしてきた。
なので上の穴馬はやめて
このどちらかを軸で相手にボニータとアラジンで流そう。




posted by 白馬の王子 at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果