最近の記事

阪神11R第60回「宝塚記念」(GT)予想大会

宝塚記念は、いつも最後に差し馬が飛んでくるイメージがある。あのシンボリクリスエス、最近ではドゥラメンテやキタサンブラックでさえも敗れたレースで予想が非常に難しい。ただでさえ、今回は頭数も少なくて実力も拮抗している感じである。キセキ・レイデオロ・アルアイン・スワーヴリチャード・クリンチャー(クリちゃんはここんところずっと元気がないが)、、そういつもの、何度もやってきた、能力拮抗の五歳馬たちに、四歳からエタリオウと紅一点、リスグラシュー、ダービー馬のマカヒキが加わった感じ。

こうなると三連複やらでは勝負できない。馬単か三連単で行くしかない。実力が拮抗しているから普通にキセキやレイデオロから行っても仕方がない。頭にエタリオウ・リスグラ・マカヒキの差し馬トリオを選んで流すこととする。特に復活を期待したいのがマカヒキ。力はある。あとはハマるかどうかである。これらに穴馬、ショウナンバッハとのワイドも一応、買っておく。

posted by 白馬の王子 at 15:29 | Comment(0) | 競馬予想と結果
2019年06月02日

東京11R第69回「安田記念」(GT)予想大会

アーモンドアイが負ける姿を見たくない、そう思ってしまう時点で競馬師としては負けなのだ。好きな馬を作ると予想が難解になる。余計な情が入ってしまうので。それになんだか嫌な予感もしてしまいます。人気二頭が外枠というのも。ただ、二強は結構すんなり決まることが多いので杞憂に終わるのかもしれませんが。

とは言え、このレースは、内枠が面白いんじゃないかと。

というわけで内枠ボックスと、サクラアンプルール・グァンチャーレという二頭の大穴で遊んでみたいと思います。
posted by 白馬の王子 at 15:35 | Comment(0) | 競馬予想と結果
2019年05月26日

東京11R第86回「東京優駿(日本ダービー)」(GT)予想大会

サートゥルナーリア・ダノンキングリー・ヴェロックスこの三頭の三連単BOXでいいんじゃないかな。

前が残りやすい馬場なのでなんか変なのが粘っちゃいそうな気もしなくもありませんがこの三頭も結構前めに付けるでしょうからやはりこの三頭で決まりかなと。
posted by 白馬の王子 at 15:35 | Comment(0) | 競馬予想と結果

東京11R第80回「優駿牝馬(オークス)」(GT)予想大会

ラヴズオンリーユーは名前からしても魅力的だがビーチサンバの人気が思ったほどないのでこいつから行こうかなと。クロフネ産駒の牝馬は走るからね。確かに距離はちょっち長いかもだけど。穴で狙いたいのは、カレンブーケドール、フェアリーポルカ辺りかな。。
posted by 白馬の王子 at 15:36 | Comment(0) | 競馬予想と結果

東京11R第14回「ヴィクトリアマイル」(GT)予想大会

はぁ、今年もまたこのレースがやって来てしまったのか、あれから4年か、、早いな……。

今年も難解である。何度やっても順位が入れ替わりそうな、抜けた馬のいないメンツである。あの時は強い馬が何頭かそろっていたのにそいつらは来なくて大波乱になったわけで、今回のようなどの馬が来るか分からないような横並びのメンツの方がそこまで荒れないのかもしれない。

こういう時はGTを勝っている馬の底力が発揮されたりするものだがそのGTを勝っているのは、ラッキーライラックとアエロリット、レッツゴードンキ、ソウルスターリングの四頭のみ。しかも前の三頭とも1勝だけでそのレースも阪神JFと桜花賞にNHKマイルとしょぼい。ソウルは阪神JFとオークスを勝ってはいるがここ最近はパッとしない。なので他の馬にも十分チャンスがありそうである。


横並びでどの馬にもチャンスがあるならば、穴馬から行って夢を見た方が面白いがいっぱいいて分からない。ここのところ調子がいいのにそこまで人気のない、デンコウアンジュか、全く人気のない、ミエノサクシードにするか迷っています。クロコスミアとかも粘りそうで怖いんだけどね。
posted by 白馬の王子 at 15:36 | Comment(0) | 競馬予想と結果