最近の記事
2007年05月27日

東京10R「第74回日本ダービー」結果

そっかぁ・・、そういうことだったのかぁ・・・たはぁ・・。問題の回答を読む
posted by 白馬の王子 at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

東京10R「第74回日本ダービーGT」

や、やっべぇ・・・、こりゃゴールデンダリアが来ちゃう。フサイチコンコルドみたいに最後ホウオーをかわしちゃう。やべぇ、ここに来て勝ったのはタニノギムレットでもジャングルポケットでもなくフジキセキの子ってなっちゃう!!!!

確かにホウオーは強い。

でも前にいる馬、ヴィクトリー、サンツェなどを力で薙ぎ倒したいから早めに仕掛けるのだけれども、最後の最後で何かが飛んで来そうな予感がする。

それがダリアだ。ヒラボクかダリアだ。ヒラボクかダリアかアドマイヤオーラだ。ヒラボクかダリアかアドマイヤオーラかドリームジャーニーだ。

予算の都合で一頭しか選択できないがためダリアにする。

ダリアはフサイチコンコルドと被る。ダリアの二着は決まってプラテアードだがプラテアードはムラマサノヨートーに負けている点、つまりプラテアードは橋渡し的な役割を担う無邪気な天使だという点も後押しする。

何度も言うようにホウオー、アイツは確かに強い。

でもなんか共同通信杯でも直線入って横向いている。明らかに横向いて走っている。なかなか真っ直ぐ向かない。シャキッとしない。恐らくこれは隣の馬を威圧しているんだと思う。気が強いのだ。

初めは余りちゃんと走らない、周りの様子を伺いながら走っているクレバーな馬である。そして最後の最後に本当の脚を使う。鳳凰になるのは最後だけ。

別の馬が差して来ても、何故か、ホウオーの前で止まってしまう。不思議なことに。まるでホウオーに平伏すかのようだ。ダイレクトキャッチもそうだった。外から良い脚で伸びて来たのにホウオーに並びかけるや否や止まったのだ。力が抜けてしまったかのように(相手の馬には勝つまでの強さがないとも言えるが)。

これも多分ホウオーの眼力のなせるワザなんだと思う。他の馬は怯えてしまうのだ。その迫力に。相手を物凄く鋭い眼つきで睨み決して抜かせないのだ。ほんとに呆れるほどズル賢い馬である。

だから、余程の脚でないと抜けない、アッサリとは抜かせてはくれない、それがサラブレッド界のラオウことホウオーである(勝手につけた)。

だがしかしダリアにはそれがあるようだ。ダリアは切れる。ホウオーの目を見てはいけない。見たら石化してしまう。だが物凄いスピードに乗って駆け抜ければ見ずに済むしホウオーも気付かない。ホウオーも、あれれ?といった顔になる。

前を走る馬をかわしたところがゴールならばまだしも、かわしてから単独で頑張る形になってしまうとホウオー危うしの図が自ずと見えてくる。


さて今回は消しの馬を思い切って述べよう。


4番ゴールドアグリ、6番マイネルフォーグだ。


ダリア、ホウオーからこの二頭以外に流す。うわぁ、当たってまう。どないしょ。今回の問題結構簡単に解けたかもしれない。外れるとすれば、代わりにヒラボクかオーラ辺りがやって来るパターンだろう。青葉賞に勝った時はヒラボクからと決めていたのだが。

それからホウオーは東京が合うとよく耳にするが実はホウオーは中山など力の要る馬場の方が合うタイプだと思うので、ひょっとすると的な面もある。が、しかし、上で述べたようにズル賢く負けん気が恐ろしく強いのでなんとか誤魔化せる。が、しかし、降着になる可能性があるので少しお遊びも必要かもしれない。

ホウオーになんらかの非常事態が起きたり降着になってしまうパターンなら代わって3番ウオッカが来そうだ。一応そういうのも買えたら買っておくのも面白い。格式あるダービーに対して邪道ではあるがこの際そんなの関係ない。


4番ダリア15番ホウオーから行くと普通に当たりそうだから今回は思い切って三連単を買うことにする。


一、二着に15番ホウオーから4番ゴールデンダリア、9番ヒラボクロイヤル、三着固定に17番ヴィクトリー、12番サンツェッペリン、14番アドマイヤオーラ、3番ウオッカ。計16点。

その他気になる馬、13番ローレルゲレイロ、16番アサクサキングス。

サンツェッペリンはどうもザッツザプレンティと被る。ザッツはダービー三着であるので三着の可能性が高い。もしそうなら菊花賞を勝つことになる。

posted by 白馬の王子 at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
2007年05月26日

中京11R第43回「金鯱賞GU」結果

え、なんですって?何処行ってたかですって?続きを読む
タグ:中京 金鯱賞 GU
posted by 白馬の王子 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

中京11R第43回「金鯱賞GU」

今日も天晴れ良い天気である。水不足が心配だ。

明日はついにダービー。ダービーってなんで特別視されているのか未だに判らない私です。でも私も洗脳されて一応、最高峰のレースだと思っていますが、このレースに勝ってその後強くなった馬は余り記憶にありません(勿論三冠馬とかは別です)。

タヤスツヨシ、アドマイヤベガ、フサイチコンコルドなど、正直パッとしません。目標がダービーだったために力尽きたのかどうも短命になってしまうようです。菊花賞を勝った馬が一番強くなりそうです。大器晩成が良いということですね。

とにかく非常に楽しみです。こんなに難しいダービー、オラ初めて。どの馬にもチャンスがあるように思えます。

ウオッカはどうだろうか。今迄のデータからはかなり悲観的な要素満載なのは確かだが、ウオッカなら、と思わせる程の逸材である。

ホウオーも強い。強いがいつも接戦であり、今日の白百合ステークスに出走するダイレクトキャッチ相手でさえ接戦である。この馬を本命にできない人は、きっと、そういう差のないところが気にかかっているのではないかと思う。言い換えれば、どういう相手であれ、やってくることのできるタイプの馬である。皐月賞でも結局来た。

今回は前の馬をかわし去りそのあとどういった競馬ができるか見ものである。走る気をなくすのか、それとも、ちぎるのか。もちろん今回も接戦になるかもしれないがドキドキさせる危なっかしい馬である。

今気になっているのはゴールデンダリアとヒラボクロイヤルにフィニステール。勿論、サンツェッペリンもヴィクトリーも侮れない。

予想の続きはまた明日。爆笑の田中さんはヴィクトリー・ホウオーからである。



それでは本日の予想問題。



東京11R「欅ステークス」


まず読み方が難解である。ケヤキと読むようだ。勉強になった。


◎10番ライラプス
○4番ボードスウィーパー


ライラプスは前走牝馬限定とは言え、いきなり三着している。今注目のフレンチデピュティ産駒という点も良い。今こそ旬な買いな馬ではないかと思った。

ボードスウィーパーは名前からして実に来そうだ。最近イマイチなようだが、今回出ている有力メンバー、オフィーサーなどには一応先着しているし、いっかなって思った。


ワイドで押えておきたいのは、6番チョウカイロイヤル・11番ミリオンベル。



続いて中京11R第43回「金鯱賞GU」



◎8番ローゼンクロイツ
○3番タガノデンジャラス


ローゼンかスウィフトか迷ったがとりあえずローゼンにした。武さんが元気ないし。

タガノはとってもデンジャラスな奴だからそろそろ来そう。安勝さんが上手いこと乗ってくれそう。


この二点から1番スウィフト、2番ネクサス、5番デフィート、6番インティ、7番オーラ、10番キース、11番メイン、12ローザかな。

三連単は頭にスウィフトORローゼンで二、三着にデンジャラスを挿入。

じゃ、またな!

タグ:中京 金鯱賞 GU
posted by 白馬の王子 at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
2007年05月20日

東京11R第68回「オークスGT」結果

そっかぁ、そういうことだったのかぁ・・・。


正解はこちら
posted by 白馬の王子 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

東京11R第68回「オークスGT」

あいにくの曇り空である。東京は良い天気でしょうか?


今日のオークス、メンバーがしょっぱいかんじがします。でもそれはウオッカ、スカーレットという上位二頭が強すぎるため。一頭、コレッという馬が、しっかりした軸が、土台がないと、競馬は難解になりますね。絞れなくなる。



その前に中京11R「東海ステークスGU」



◎ラッキーブレイク

中京は苦手のよう。でも調子がいいみたいだゾ。

○メイショウトウコン

もっとやれるはずだ。がんばれ!



それでは本日のメインレース

第68回「オークスGT」



◎4番ハロースピード

新聞と睨めっこしていたのですが、なんかピンと来ました。最後はどうやら伸びる。この大舞台で来る、そろそろやっちまいそうだ。最高スピードに上げるまで少し時間のかかるタイプのようだが、だからこそ直線の長い東京コースに向いているだろう。トップスピードに乗ればこっちのもの、クロフネのようにやって来る。

○7番ベッラレイア

なんやかんやいって三着以内には来るのではと思いました。


その他、三着以内ありえると思う馬たち。

1番スマートストーム

2番ローブ・デ・コルテ

5番ミンティ

8番ピンカメ(来るか、来ないか、どちらかだ、来るような気がするし無理なような気もする。東京は得意だし注意)

9番レインダンス(雨が降ったら来るだろう)

10番トウカイオスカー(オスカーって名前も良いね。オスカルも良い。もしスカーレットが出ていたらオスカー・スカーレットで決まっていたかも)

11番嘉多町牡丹(ボタン師匠)

12番ラブ・カーナ(この名前も好きだ、とても可愛い名前)

15番アマノ・チェリーラン(このタムロチェリーのような名前に気をつけろ)

16番アドマイヤスペース(話題のアドマイヤだ、父はアドマイヤコジーンだけれど、逃げ馬は常に注意である)

18番ザ・レマ(先行勢が少ないので有利だろう)


○◎からこの11頭に流します。合計、千百円です。
posted by 白馬の王子 at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
2007年05月13日

東京11R「第2回ヴィクトリアマイルGT」結果

家に帰り早速小野真弓の画像を漁りだす。興奮した面持ちで。

あぁ、そういうことか、そういうことだったのか、と思いながら。
つまり、今日の正解は、続く・・・。
posted by 白馬の王子 at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

東京11R「第2回ヴィクトリアマイルGT」

今日の天気は晴れたり曇ったりである。東京も同じような天気だろうか。ヴィクトリアマイルは何故か京都だと思っていた。あの小野真弓が来るのである。だから京都開催かと勘違いしていたのは昨日までのことだ。


早速だが、カワカミプリンセスの件ではあるが、彼女は来るであろうか。私には皆目判らない。私は預言者ではないのだから。でも、私の予想では、かなり苦しいことだと断言しよう。

何故ならカワカミPは差しと言うよりもどちらかと言えばメイショウサムソン程ではないにしても先行気味な差しタイプでありそういう前めで踏ん張るタイプの馬は休み明けは苦しそうだからだ。でも五ヶ月休んで勝った実績のあるのも確か、だから困ってしまう。それに差しと言えば差しだし決して先行粘り込み的なタイプではなく前を行く馬を力で捻じ伏せ追えば追うほどに力強く伸びる類稀な馬であるので東京コースは合っているように思われる。

結果的にむちゃくちゃ誉めてしまったがカワカミPはとりあえず置いておいて、スウィープトウショウであるが、彼女もなかなかこまっちゃくれた子である。強い馬は気が強いのだ。ディープインパクトはまだ大人しい方である。東京は鬼門だと言われているが、果たしてどうであろう。安田記念、優駿牝馬共に二着の実績を持つ。それに、五着に敗れたのとて、それは天皇賞秋GTの男馬相手のこと。牝馬相手にそんなことがあろうかと思ったが2004年のエリザベスは五着である。私は彼女もカワカミも好きなので悩んでしまう。

ディアデラノビアは期待を裏切らない素直な良い子である。力強さも携えている。この馬も好きなんだよなぁ。ほぼ三着以内には来てくれるのでこの馬から行くのも堅実で良いかもしれない。

ジョリーズダンスもやれそうである。良い位置につけて抜け出る強さを持ち、今日くらいの人気でも来るし、鞍上にしても安勝である。侮れない。初めこの馬から行こうかと思った。

デアリングハートも好きな馬である。彼女にもお世話になった。結構この馬も侮られがちではあるが粘り腰が思いのほかある。ラインクラフトの抜けた今、彼女に期待がかかる。


以上が私の好きな馬たちの紹介である。


今日も生憎絞れない。馬に思い入れがあるとダメなのだ。

うーん、どうしようか。アグネスラズベリ、ブルーメンブラットかて侮れないし、「サタうま」のてつじは、ブルーメンブラット、奈々はキストゥヘブン、こいちゃんは、アサヒライジング、どの馬も気になってしまう。爆笑の田中さんはディアデラノビアである。


もうこーなったら、2ディアデラ、6カワカミ、7スイープ、16デアリングハート、17ジョリーダンスの三連複、ボックスにしようかしらん。



そうすれば丁度千円である。千円で楽しめたらウホホイである。しかもどれか一つでもあたれば儲かるのである。デアリングかジョリー辺りが絡みそうなのでほぼ儲かってしまうのである。またしてもズルイ作戦に出てしまったが、そのあとは小野真弓で楽しめばいい。今日のメインは小野真弓なのだ。

posted by 白馬の王子 at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
2007年05月12日

第52回「京王杯スプリングステークスGU」

はふぅ〜、競馬ウィークがやって来ましたね。

今日は京王杯ですけど、最初に述べておくと、これは結構私にとって相性の良いレースです。でも、毎回なかなか難しく絞り辛いですね。こいつってのがマナカナ判りません(ナカナカ判りませんの意)。


とりあえずその前に京都のレースで軽く遊んでみますか。


京都11R「高瀬川ステークス」


ところで明日は待ちに待ったヴィクトリマイルですね。楽しみです。小野真弓が。暖かくなってきたので露出度の高い衣装で登場して欲しいものですよね。まっ、期待できませんが。


高瀬川ステークスは、ちょっと軽く遊ばす程度でいいのではないかと個人的に思っています。ズルい作戦ですがワイドで散らかしておきます。

1○得、3ツタンカーメン、13アルバレストから

15ウォーターバロン、16ウォーターオーレに流しておきとうございます。

ウォーター繋がりでどちらか片方は絡むのではないかなぁ、といった按配です。○得、ツタンカーメン、アルバレストは、3着以内になら来ても驚けないぞ、といった面子を選んでみたのと、名前のかんじ、雰囲気です。そういうものも大事かと私は思います。名は体を表す、です。



それでは本日のメイン「京王杯スプリングステークス」


皆様、ヴィクトリアマイルの本命は決まりましたでしょうか。それにしても、三井住友カードのCMにおけるELTのボーカルKaoriMochidaは、一言も喋りませんよね。何かのヒントなのでしょうか。それから日に日に斉藤由貴に似てきていると感じるのは私だけでしょうか。


そうそう、京王杯、京王杯、うーん、大層これは難しいですよね。ぶっちゃけ、

◎フサイチリシャール
○マイネルスケルツィ

これで行こうかと思っています。


エイシンドーバー、プリサイスマシーンも良いのですけど、特に後者にはかなりお世話になっているのですが、今回は、今回も来そうですが、ちょっと疲れているかもしれないですし、休養ということで、エイシンドーバーも来そうですが、時間もないので、判りません。


マイネルスケルツィは、阪神Cで三着に入り、そのせいでアサクサデンエンが四着となったため、大万馬券を取り損ねた戦犯がありますが、なんやかや言ってプリサイスマシーンのように毎回どうにか来ることのできる能力を有しており、父のグラスワンダーもココを勝っているので相性が良いと思ったためです。


フサイチリシャールは父クロフネで、東京もそこそこやれそうなので、前走はダート大敗でしたが、大敗後の芝代わりもある意味リフレッシュ効果で良いのではと思っています。


リシャールとスケルツィが競り合って最後まで粘り込むシーンを思い浮かべています。なかなか良いかんじです。


他に注意する馬といえば、7ブラックバースピン、14ネイティヴハート、16セトノゼディタブなどでしょうか。

とにかく二頭から流しておきます。

posted by 白馬の王子 at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
2007年05月06日

東京11R「NHKマイルカップGT」結果

まったく清々しい雨だ。心地よい雨が降る中只今執筆中である。貧しく屋根がないので雨がかかるという設定なのだ(設定なので勿論これはフィクションである)。それでは、NHKマイルの解答、見逃した方も、知っているよ、という人も、どうぞご覧くださいな。NHKマイルの正解はこちら
posted by 白馬の王子 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果