最近の記事
2010年04月18日

中山11R「第70回 皐月賞(GT)」予想

はぁ、昨日のマイラーズカップはトライアンフマーチにビビッと来て、もう名前、雰囲気からしてもこのレースにぴったり、前走は期待を裏切った形になったものの、あれは展開に恵まれない、前残りなレースだったので参考外、今度は来る、前回のこともあってマーチ自身も鬱憤がたまり違う意味でもキレるはず、と思い、マーチからいったのだが、相手を安易にスマイルジャックにしてしまったため馬券ははずれてしまった。

そうなんだよな、ジャックは成績がイマイチなくせに一番人気、怪しい人気馬だったんだ。前走は鮮やかに勝ったが、それ以前のレースでは確かに良い脚を使うものの、やってくるもののあと一歩だったのだ。そんな馬を選択したのが敗因。しかし他の馬にもビビッと来るものがなかったのだ。というのもキャプテンも休み明けだし、スパホも半信半疑、セイウン、リーチも距離短縮で変わってくる可能性があったものの、こちらもやってみなきゃわからないようなかんじだったからだ。ふぅ、やれやれ相手探しの難しいレースだったぜ。

て、昨日のレースのことはいいんだ。ここにも予想を記しちゃいないし、そんなことどうでもいいのである。本日は皐月賞。最近、私のモチベーションもあがってきている。そう、春のGTに向けて私も坂路調教やらで(筋トレ)馬体をピークにもってきているのだ。馬と一緒に戦う、それが私のスタンスであり、なにかだ。

ずっとヴィクトワールピサから行くと誓っていたのだが、ここへ来て、やはり前走を鮮やかに勝ってしまうのは、スマイルジャックのように良くないのでは、などという考えが頭をもたげてしまう。一番、最近の出来事というのは印象に残りやすいし、良いように思えてしまうものなのである。それを過信すぎるといけないのである。そうして失敗するのである。

それに弥生賞馬というのは本当に強くなければ、大物、怪物クラスでなければ皐月を勝つことはできない、というようなジンクスがある。つまりアグネスタキオン、ディープインパクト級でなくてはならないのである。ヴィクトワールピサはどうか、ピサは名前的にはいい線をいっているような気がする。しかしそれほど強烈な勝ち方をしてきたわけではないし、そもそも千切っちゃいないし、かつてのフサイチホウオーみたく接戦だし、、父はネオユニヴァースだし、個人的にはたまにポカをしてしまう印象の強いネオユニヴァースだし、悩む。とてもデリケートな気がするのだ。皇室育ちのお坊ちゃまくんなのである。

それでも外すことはできない。やはりこないだのレースでこいつだと、思ったからである。ビンビンに来たからである。なのでヴィクトワールは○。本命対抗の○である。

じゃ本命はというと、リルダヴァルである。骨折で6ヶ月も休んでいたというのは非常に気になるものの、やはり阪神の野路菊ステークスでの勝ち方の鮮やかさ、あの脚がそれを帳消しするほどのインパクトなのである。父親がアグネスタキオンというのもいい。同じアグネスタキオン産駒で皐月賞馬のキャプテントゥーレが昨日、3着に入ったのもリルダヴァルを応援するためである。

確かに休み明けの毎日杯は3着だった。しかし6ヶ月のブランクで3着には入れば充分である。大威張りである。しかも隣を走っていたザタイキにトラブルが発生したのである。それに驚いてしまったのである。それなのに3着は立派。この馬が中山の坂を駆け上がり馬郡を抜けてくるイメージができる。勝つならこの馬である。

上記2頭から流そうと思う。それからお逃げなさい馬券として2番ハンソデバンドと18番アリゼオからも有力どころに軽く流しておこうかな、と思う。ハンソデバンドという名前はダサいし、名前のせいでそこまで人気がでないのかもしれないが、東京を先行して勝っている点を評価したい(しかも破ったのはあのダノンシャンティ、リルダヴァルが毎日杯で敗れたダノンシャンティである)。マイルの方がいいと言う人もいるみたいだが東京の1800を先行して勝てる馬ならどこでも通用する。距離は大丈夫だ。中山は直線も短くごまかせるし中山の方が先行馬には有利だ。

こんなかんじです。
タグ:中山 皐月賞 GT
posted by 白馬の王子 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
2010年04月11日

阪神10R「第70回 桜花賞(GT)」予想

昨日、土曜日に行われた阪神牝馬Sは不完全燃焼に終わった。あと一歩のところまで来ていたので、なぜもう一歩、踏み込めなかったのか、また、なんでワイドでちょこちょこと狙うのか、せめて三連複だろ、などと自分自身を責めさいなみ、仕舞いには、あぁ、あれが当たっておれば、桜花賞の資金ができたのになぁ、などと思ったり、三連単で買っていたら、一体どうなっていたか、などと考え出す始末。つまり興奮して昨夜は殆ど眠れなかったのである。競馬予想、そしてレース自体もちょっとしたことで結果が違ってくるものだ。

本日の桜花賞もどうなるかわかりません。力差もそうあるように思えない。なので展開、流れも左右してくるでしょう。

不思議なのは阪神JF1着のアパパネは同じキンカメ産駒のショウリュウムーンに、そして同2着のアニメイトバイオは同じゼンノロブロイ産駒のギンザボナンザに前走、敗れていること。そしてキンカメ産駒、ゼンノロブロイ産駒にはそれぞれもう一頭、エーシンリターンズとコスモネモシンがいるということです。

キンカメ産駒のエーシンリターンズはアパパネが2着に屈した前走チューリップ賞でアパパネと僅差の3着なのでこちらも力があります。ゼンノロブロイ産駒のコスモネモシンにしてもジャンポケ産駒で現在2番人気のアプリコットフィズに勝っています。

これは一体、何を意味するのでしょうか。ここらへんに答えが潜んでいるような気がします。キンカメとゼンノ産駒のBOXでもいけちゃうのでは、とか考えてしまいます。

けれども普通に考えるとチューリップ賞4着のオウケンサクラが次走フラワーカップで上述のコスモネモシンを破っているので、チューリップ賞組の方が有利なのではないか、力が上なのではないか、と思えてきます。

そうなるとチューリップ賞組のキンカメ産駒から2頭を選択し、そこから流すのが無難で当たる可能性が高いのでは、と思います。チューリップ賞組のBOXも面白いでしょう。

私は8番オウケンサクラから、名前からいっても桜花賞にふさわしいオウケンサクラから、1番ショウリュウムーン、9番アパパネ、11番エーシンリターンズのキンカメ産駒のうち2頭を選択し、2頭軸2点の二刀流で行こうかな、などと考えております。

オウケンはチューリップ賞4着ですが、ちょっと後ろからの競馬になりましたし、前走のように前めの競馬をすれば、あの勝ちっぷりからいって良い勝負ができるのではないかと思えます。フラワーカップ優勝馬は04年から6年にかけて3年連続で連帯している点も大きい。それに、どちらかといえば先行馬の方が得意そうな安藤騎手との相性もいいのではないでしょうか。このように良い点が多くあればあるほど来る可能性が上がってきます。おそらく来るでしょう、来ちゃうでしょう。

オウケンさえ絡めば三連複なら最低でも現時点で25倍つくので美味しい馬券になります。オウケンさえ絡めばいい。オウケンさえ絡めばキンカメ産駒も1頭は自ずとついてくる、こいつらはセットなのであります。

気になる穴馬は外枠の3頭、16番ラナンキュラス、17番シンメイフジ、18番プリンセスメモリーあたりかな。ラナンキュラスは桜花賞馬ファレノプシスの娘、親子制覇であっと驚かすこともありえそう。シンメイフジは、今ノリノリのフジキセキ産駒。プリンセスメモリーは過去5戦で最速あがりを3回も記録し、前走、敗れたのは2番人気のアプリコットフィズだと考えると、その馬の2着なのにこの人気は怪しいなぁ、などと思えてきます。

ダラダラと書きましたが正直、まだ出てきていません。まだ答えが降りてこないのです。このまま降りてこなければオウケンから行こうかなと思っております。オウケンは来るような気がするのです。あとは相手。キンカメのどの馬か、です。
タグ:阪神 桜花賞 GT
posted by 白馬の王子 at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

中山11R「第42回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GV)」予想


大阪杯はドリジャニが来るだろうから、予想を止して、ダービー卿に絞ろうと思う。

◎は7番ショウワモダン。この馬、中山があっているように思える。たまにポカをするが、集中して走れば中山なら粘れる。

対抗の○に同じく先行馬の8番マイネルファルケ。二頭仲良く、同じ枠というのもいい。うまいこと二頭で競り合ってくれれば、、と思う。

この二頭から12番トライアンフマーチ、13番ファリダット、16番フィフスペトルに流しておけばいいのかな、と思う。

1番セイクリッドバレー、3番サニーサンデー、4番タケミカヅチ、5番リザーブカード、14番ゲイルスパーキー、15番マルタカエンペラーあたりも余裕があればおさえておきたい。
posted by 白馬の王子 at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果