最近の記事
2010年06月27日

阪神10R「第51回 宝塚記念(GT)」予想

今回の宝塚記念、目移りするような馬が多く、なかなか面白そうなレースだ。ブエナビスタとて、そう易々とは勝てそうにないような気もしてくる。しかしブエナビスちゃんが馬群に沈むような姿など見たくはなく、応援の意味でも外せない。けれどももし来なかったら、そして高配当になっちゃったら、と思うと・・・。

なので今回は穴馬からワイドで、よくやるように穴馬からワイドでちょろまかそうかな、GTなのにそういう卑怯な戦法に打って出ようかな、とか思う。

◎はスマートギア。こいつの末脚にかけてみたい。配当もむちゃくちゃ美味しいのである(今のところ単勝で100倍以上、ついている)。最近は流れがまるで向いておらず、まるでワールドカップ前の日本状態なのだが、本番の大舞台で、カメルーンを破ったように、この馬に風が、良い風が吹いてくるのでは、と目論んでいる。一発ならこいつだ。

ブエナ、ジャガーメイル、そしてこのスマートギアというキレモノが結局、馬券に絡む、というのがこのレースの答えなのではないか。日本代表の選手たちのようにキレキレなのである。
posted by 白馬の王子 at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

東京11R「第60回 安田記念(GT)」予想

いつものように新聞とにらめっこしているが一向に答えが降りてこない。今回の安田記念は来そうな馬が多すぎて絞りきれないのだ。こいつは大丈夫、こいつは信頼できる、絶対に三着以内に来る、そう思える馬が分からないというか、正直、どいつもこいつも三着以内に来れそうな気がしてしまう。

本当に難しいレースだ。しかしこれはチャンスでもあるはずだ。大きいのを当てるチャンスでもあるかもしれない。ここはどうしても当てたい、当てねばならない。カネが、カネが必要なんだ。生きていくためには・・・。

しかし当てたい当てたいと思えば当たらないものだ。エッチしたいエッチしたいと街を彷徨ってもできないように。求めれば求めるほどに美味しそうなお尻たちは逃げていく。

何事もこつこつこつこと目の前のことをこつこつとこなすしかないのだ。競馬予想も時間がかかる。面倒くさくなって、心が折れそうになる。でもあともう少し考えておれば、、なんて風に思わないためにも時間いっぱい、ぎりぎりいっぱい使って、じっくり考えねばならん。競馬予想も仕事のようなものなのだ。舐めちゃいけない。そう簡単には答えは出ないのだ。

私の今のところの狙いとしてはこうだ。8枠の三頭、16番サンカルロ、17番ショウワモダン、18番エイシンフォワードが匂う。終わってみればどの馬もさっぱりだった、ということもありそうだが、人気もそれほどなく狙い目である。なのでこの8枠から全枠に流してやろうか、なんて企んでいる。三連複でいきたいところだが今回は難しい。資金的にも苦しい。枠で行けば8点でいける。これでいこうか。邪道だがこれでいこうか。それともやめようか。観戦だけにしようか。まぁ、最後までギリギリまで粘ることにするよ。とりあえず今はこんなかんじだと伝えておきます。
posted by 白馬の王子 at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果