最近の記事

【ダノンカモン】東京11R「フェブラリーステークス(GT)」予想大会【セイクリムゾン】

このレースはシンプルに攻める。シンプルイズベストが答えなのではないか。前走の根岸ステークスでダノンカモンとセイクリムゾンを見てこの二頭は強いと思った。ダノンカモンは武蔵野ステークスでジャパンカップダート2着に入ったグロリアスノアに0.1秒差2着に来ているのでジャパンカップダート王者のトランセンドともそう差はないと思われる。

なので根岸ステークス1、2のダノンカモンとセイクリムゾンから流すことに決めた。あとはアナ馬で楽しんでみたい。

狙いたいアナ馬は4頭いる。まずは、6番トランセンドと同じワイルドラッシュ産駒のクリールパッション。トランセンドが来てこの馬も紛れ込んじゃうというパターン、ありうると思います。ジャパンカップダートでもトランセンドと0.6秒差の6着なのである。今回は距離も1600でちょうどいいのではないかと思われる。人気もなく狙い目である。

次にダノンカモン、マチカネニホンバレと同じシンボリクリエス産駒のパワーストラグル。シンボリ産駒は芝GTではまだ結果を残していないがダートとなると違う。シンボリ軍団が上位独占、ありうると思います。またこのパワーストラグルは交流戦ではあるもののフリオーソなみにちぎっている実績もあるし、中央でもトランセンドに0.7秒差5着という成績を残している。叩き2戦目で抑えておきたい。

それから10番ダイシンオレンジ。父は芝でもダートでも活躍した、あのアグネスデジタル。しかもこの馬は平安ステークスでトランセンドを破っているのである。ジャパンカップダートでは敗れたもののその差は0.7秒である。しかも前走、平安Sは見事1着なのである。なのに人気がない。これはチャンスである。

最後にメイショウタメトモ。前走は大敗したものの、地方でのことなので参考にはならない。この馬もパワーストラグル同様、底を見せていない。この大舞台でどのようなレースをするか、できるのか愉しみでもある。
posted by 白馬の王子 at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

京都11R「第104回 京都記念(GU)」&東京11R「第45回 共同通信杯(GV)」予想

最近どうも調子が悪い。競馬予想はもともとそうだが日常生活にも支障をきたしてきている。どうもテンションが上がらない。ここのところずっと憂鬱な気分である。いつもなら気持ちが沈むことがあってもほっておいたら治ってくるのだが今回はそうではない。このままではマズイ。今日は当てる。今日こそ当てて気分を一新したい。どうにかして自分で変えていかねばなるまい。このまま沈むわけにはいかないのだ。生きていかなくてはならないのだから。マイナス感情は余計にマイナスなことを生み出してしまう。気持ちが沈めば他にも影響を与える。この連鎖を阻止しなくてはなるまい。気分転換の意味でも今日も競馬に挑む。

京都11R京都記念の本命は1番オーケンブルースリ。前走、有馬記念では無理に前へいったため無様な結果に終わったが今回は正攻法でやってくれることだろう。自分の競馬に徹すれば結果は付いてくる。このブルースリと2番トゥザグローリー、4番ダノンシャンティ(余裕があれば5番メイショウベルーガも)から三連複流しで決める。

東京11R共同通信杯は9番ビッグロマンスと10番ロビンフットで遊んでみるか。前者、ビッグロマンスの父、グラスワンダー産駒は東京コースとの相性がよく2,3着に残ったりすることがあるので注意したいところだし、後者、ロビンフットも東京では良い脚を使っている。それに彼はまだ底を見せていない気がする。この少頭数ならその本来の力を見せ付けることができそうだ。

posted by 白馬の王子 at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

京都11R「第51回 きさらぎ賞(GV)」&東京11R「第61回 東京新聞杯(GV)」予想

あぁ、もう時間がない、時間がない。はぁ、もう休みも終わりか、あぁ、あっという間だ、くっそう。先週はキツかったぁ、、なんでなんで俺様がこんなこんな、ちくしょ〜。とにかく金なんだ、金、金をためなきゃなんない。女の子とチョメチョメするためにも金が必要なんだ。まだまだ遊べるだけの余裕がない、ないならその余裕を作るまでだ。

時間がない、時間がないぞ。いいかんじで焦ってきた、焦っている時こそ集中できるんだ。これもパワーに変えることができる。よし、やる、よしやってやる、よし勝つぞ、よし女の子とチョメリンコだ(こうした欲望そのものと直結させると予想は必ず外れる、目の前の予想にだけ集中しなければいけない。よし冷静だぞ、俺は)。

きさらぎ賞はだ、1,2,5,6,7,8は消し。残ったのは3,4,6,9,10,11,12番のみ。3番コティリオン、4番ギリギリヒーロー、3番コティリオン、6番トーセンラーからでいいんじゃないかな。

東京新聞杯、こちらの方が面白そうだ。ここは紅一点のカウアイレーンから狙ってみたい。相手は1番ゴールスキーと4番ダノンヨーヨーからで良さそう。
posted by 白馬の王子 at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果