最近の記事

中山11R第47回「スプリンターズステークス」(GT)予想大会

フォーエバーマークとハクサンムーンがフラワーパークとエイシンワシントンのように2頭並んで叩き合い!いったいったのそのままでフィナーレ!

巷では、2頭の激しい先行争いで、自然、ハイペースになると言われているがそういう時に限って意外とペースが落ち着いたりするもの。ここはハクサンがすんなり逃げて、フォーエバーマークが譲らないと見せかけてのその後ろについてハクサンをゆったりとしかし最後まで執拗にマークし続ける、という展開に賭けてみたい。

フォーエバーマークが意外とそれほど人気がないのも気になる。アイビスサマーダッシュでハクサンムーンに粘っこく最後まで食らいつき続けたほどの根性を見せた馬である。そのハクサンムーンの人気とここまで差がついちゃうか!?(他にも力差はないのにオッズに開きがある馬が多いため、ついいろいろ手を出してしまいそうになるレースだ)ここ大一番でもやってくれよう。

さて、絶対王者のロードカナロワだが、同じ相手に二度は負けらないというプライドがあるだけに、早めに仕掛けてくるはず。しかし意外と苦しくなっちゃうんだな。なんせ二頭が競り合うのだから最後のさいごまで……。そしてカナロワではなく、なんか一頭、脚をためていた大穴馬が絡んでの大万馬券(できたらシルクフォーチュンやアウトラクトールあたりが嬉しいがなくはない。二頭ともオッズのわりには来てもおかしくはない力を持っている)。そういうレースに期待する。

あるいはまたカナロアがテイエムオペラオー、ドリームバレンチノがメイショウドトウのような関係であり、ついにここで破っちゃう、みたいな展開も抑えておきたい。
posted by 白馬の王子 at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果