最近の記事

東京11R第33回「フェブラリーステークス」(GT)予想大会

ここのところ取って損が続くほどの不調が続いていると言うかそれがデフォでかなりストレスとどこまでこの赤字が膨らんでしまうのかと言う不安が貯まっていますがこのフェブラリーS、今年最初のGTで大きく当てて、上昇気流に乗りたい、そう思っています。

幸い穴馬が仰山いて、いすぎてどれから行けばいいのか悩むくらいです。

パッションダンス、アスカノロマン、モンドクラッセ、グレープブランデー、スーサンジョイ、タガノトーレル、サイノチ、ローマンレジェンド、ここらあたり、これだけあげればどれか絡むんじゃないかと思っている。また、ワイドで取って取って損になりそうな予感もするがワイドで逃げたくて仕方がない。もう失いたくないんだ、くそう。でもそれじゃダメで、それを恐れてちゃ何も手に入らなんだよ、、、。あぁ、どうしよう時間がない、1、13、15、16からのワイドで軸は、5番ベストウォーリアと14番モーニンにしようかな、リッキーは怪しいし、ノンコも不発が怖いものな。
posted by 白馬の王子 at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果