最近の記事

東京11R第156回「天皇賞秋」(GT)予想大会

また雨のせいで予想が難解になってしまった。けれどもそれだけ荒れる要素があるわけで(前回の菊花賞では馬場のことを考えずに予想したが)穴党にとってはチャンスでもある。

レインボーラインとミッキーロケット、この良馬場では今一歩の馬たちが怪しい。もしかするとここでフィットするやもしれない。あとは不良馬場で勝ちのある、ディサイファ・いつも人気がないが力はある、サクラアンプルール・前残りに期待したい、ロードヴァンドールなんかも一応、ワイドで買っておきたい。

とは言え相手も難しいんだ。サトノの二頭・ネオリアリズム・リアルスティール・ソウル・ロンドン・マカヒキ・ステファノス、まぁこれだけ買えばどれか当たるだろう(と思ったら締め切られてしまった……)。
posted by 白馬の王子 at 15:36 | Comment(0) | 競馬予想と結果
2017年10月22日

京都11R第78回「菊花賞」(GT)予想大会

ここのところ、まるで予想に冴えがなく、まったくと言っていいほど当たりません。ポイントサイトのポイントも底を尽き、ジャパンネット銀行の残高は残り3,200円しかありません。

さて、今回の菊花賞、主役級の馬が見当たりマシぇ〜〜ん。ダービー馬レイデオロ、同2着のスワーブリチャード、同3着アドミラルがいないのですからね。いるとすれば、皐月賞馬、アルアイン、それからブレスジャーニーくらいなものです。ただ、前者はいつも距離が不安視されているし(でもなんやかんやいって絡みそう)、後者は11カ月の骨折放牧休み明け。鬼気迫るような走りをするので長期休み明けでも期待してしまいますが常識的に考えてまず無理でしょう。

お天気の方は大雨で、過去最悪と言っていいほどのあいにくの不良馬場と言うよりもはや沼、泥沼状態です。けれどもレースを見ていると実力のある馬がそのまま来ているので、もう馬場のことは考えなくていいんじゃないかと思います。ただでさえ主役不在の二軍による菊花賞なのです。そういうファクターから消していきましょう。ただ、資金があまりないので馬券は穴馬からのワイドで流す程度となります。

狙うは、1番ブレスジャーニー・9番クリノヤマトノオー・18番マイスタイルの三頭です。スティッフェリオとクリンチャーも入れたかったのですが金がないから思い切って消去(三頭からワイドを買って余裕があればどちらか一方の馬も買いたい)。

この三頭の根拠は、まずブレスジャーニー、これはただの願望です。期待はしていません。本命は次のクリノヤマトノオーみたいなもんです。4戦続けて馬券になっているし、なかなか力のある馬なのにこの人気……、これは美味しいでしょう、美味しすぎるでしょう。最後のマイスタイル、この馬が今回出走メンバーのダービー最先着馬(4着)だからです。なのにこの人気……、これは美味しいでしょう、美味しすぎるでしょう。

あとは相手に人気上位馬たちを選べばOKだ。
タグ:GT 京都 菊花賞
posted by 白馬の王子 at 15:34 | Comment(0) | 競馬予想と結果
2017年10月15日

京都11R第22回「秋華賞」(GT)予想大会

ちょっと時間も金もありません。アエロリット・ラビットランからの三連複でイケル気もしますが、メイショウオワラ・リカビトスのディープブリランテ産駒からのワイドで遊ぼうかな……。ファンディーナにも頑張って欲しいのですけどね……。
タグ:GT 秋華賞 京都
posted by 白馬の王子 at 15:36 | Comment(0) | 競馬予想と結果
2017年10月01日

シャンティイ4R第96回「凱旋門賞」(GT)予想大会

今年の凱旋門は、メンツを見るとエネイブル以外、意外とそこまでなんじゃないかと思えてくる。サトノダイヤモンドの敗れた、フォワ賞にしても大したメンツじゃない、ここで負けたらヤバいみたいなノリだったけど、本番凱旋門賞でも結構、有力視されているじゃないか。

そう考えるとサトノダイヤモンドにしても意外とやれんじゃないかと思えてくる。ただ、同じディープ産駒のマカヒキがあれだもんな。最後の伸びが足りない。だから馬券に絡むことはありえても勝つまではしないだろう。今年はエネイブルがいるしね。

馬券的には、エネイブルから行くとあれなんで(三連単で最低でも50倍つくと思うと美味しい気もするので悩むが)軸はオーダーオブセントジョージとする。理由はこの馬もエネイブルみたく千切って勝っているし、長距離が得意だから。ウィンターとかも人気だけど1600ばっか走っているものね。

posted by 白馬の王子 at 22:49 | Comment(0) | 競馬予想と結果

中山11R第51回「スプリンターズステークス(GT)」の予想

秋のGTシリーズの開幕と同時に当ブログも久しぶりの更新となります。夏競馬は良かった、穴馬が良く来たので楽しかっただけに(収支はマイナスだが)豪華メンツの揃う中央場所に戻ってきたものの今までの感覚を思い出すのに四苦八苦、不振を極めています。休みボケみたいなものですかね。

さてさて、スプリンターズステークスの予想ですがレッドファルクスから行けば取れそうな気がします。でもそれだと見返りが少ないので、ここはシュウジ・ネロ・スノードラゴンのやけに人気の落ちている馬のワイドで遊ぼうかなと(特に期待しているのは、ネロ。思い切って逃げて欲しい)。

この三頭には共通点があります。それは去年のスプリンターステークスで4・5・6着と上位入賞していることです。それがなぜか今回は下から数えて一、二、三番人気なのです。

去年上位で今年も出走しているのは、勝った、レッドファルクスしかいないのに、です。ミッキーアイルもソルヴェイグもおりません。不利や何かがあったにせよ、レッツゴードンキ・ビッグアーサー・ダンスディレクターといった、今回も出走する面々はそろって下位に沈んでいるというのにです。

いやこれは買いたくなるでしょう。確かに似たようなレベルの馬たちがゴチャゴチャしています。特に短距離界において、アドマイヤムーン産駒の活躍が目覚ましい。そう言えばハクサンムーンもそうでしたよね。短い距離があっているのでしょう。

というわけで、上にあげた、人気はかなり落ちてしまったが元々は実力のある三頭からアドマイヤムーン産駒などに軽く流しておこうかな、今回はそれだけにしておこうかな、そんな魂胆です。

本日はスプリンターステークスが終わってもまだ大きなレースが行われます。サトノダイヤモンドが出走する、凱旋門賞ですね。こちらの予想もできたらするつもりです。


posted by 白馬の王子 at 15:30 | Comment(0) | 競馬予想と結果