最近の記事
2014年04月20日

中山11R第74回「皐月賞(GT)」予想大会の結果

こ、

ここに来て、最後のさいごにフジキセキ産駒、最高傑作が生まれるとは。まさにキセキとしか言いようがない。フジキセキと言えばジェニュイン、タヤスツヨシ世代(皐月、ダービーの一、二着をこの二頭で分けあった)で、あのサンデーサイレンスの初年度産駒。

中でも一番の本命、大物とされていたのがフジキセキで、その強さは怪物クラスとされていた。しかし、皐月賞を前に屈腱炎を発症してあっさり引退。

フジキセキの子はどうも距離がもたなかったりしてクラシックとは縁がなかった。サダムパテックの皐月賞2着(1着オルフェーヴル)が精一杯。それが種牡馬生活、最後の年に産まれたイスラボニータがついにやったのである。ある意味、お洒落で、繊細な、あの軽やかなフワッとした走り……正直、中山は向いていないと思っていたが……。


中山11R第74回「皐月賞(GT)」の結果
1着1枠2番イスラボニータ(皐月賞馬っぽくない名前だけど前評判通りの活躍をみせた、おめでとうボニータ、蛯名さん)
2着8枠17番トゥザワールド(前からいくので馬券には絡みそうな予感はあったし力は見せた)
3着8枠18番ウインフルブルーム(朝日杯に続いて3着と馬券に絡む。よく粘ってくれた。見た目はいちばん好きな馬)
4着1枠1番ワンアンドオンリー(あんな後ろから最後によく追い込んできた)
5着4枠8番ステファノス(ディープ産駒は人気薄でも侮れない)

6着16番アジアエクスプレス(まさかあんなに前に位置するとは……最後は脚があがってしまったか……)
7着10番ベルキャニオン(ディープ産駒はそこそこ頑張れる)
8着2枠3番クラリティシチー(常に馬券に絡んできた馬だったがクラシックにピークを持ってこれなかったのかもしれない)
9着6番アドマイヤデウス(前走が鮮やかすぎたか)
10着11番ロサギガンティア(デウスとギガンティアどちらかは絡むと読んだのだがなぁ……)

11着7番トーセンスターダム(この馬がここまで大敗してしまうとは……ギリで勝ってきた人気馬はクラシックでは怪しいと見るべきか)
11着14番バウンスシャッセ(スターダムと同着なら大いばりかもね)
13着15番コウエイワンマン(まぁまぁがんばった)
14着スズカディヴィアス(この相手だとさすがに苦しいか)
15着キングズオブザサン(あの名牝スティンガーの子だから頑張ってほしい)

16着アデイインザライフ(前走で見せたようにちょっと繊細で弱いところがあると思う)
17着タガのグランパ(どちらかというと短距離馬だからなぁ)
18着4番クリのカンパニー(クラシックに出れたことが大きいんだよ)

やはり荒れそうであれないパターンだったか(三着はやや荒れっちゃそうだけど)。外の三頭と内の三頭がとにかく気になったんだがなぁ……。ここの6頭だけでよかったんだ……。

今日のわかった。
荒れそうな時ほど人気二頭からの三連単勝負が美味しい(今日なんて結局、普通に一二番人気で決まったじゃないか)。
タグ:皐月賞 中山 GT
posted by 白馬の王子 at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395128402

この記事へのトラックバック