最近の記事
2015年04月12日

阪神11R第75回「桜花賞」(GT)予想大会

どうも前にいる馬が残っている気がする。さっきも人気薄のサトノシュレンがまんまと逃げきり、あの摩天楼ボスでさえ届かずに4着に敗れてしまった(かなり折り合いを欠いていたので参考にならないかもしれんが)。

今年の桜花賞は、絶対的な逃げ馬が見当たらないので難しいが先行したやつが粘りそうで仕方がない。
先行して粘りそうな気配のある馬は、内にそろっている、内の1番から7番である。

6番のレッツゴードンキはここでチューリップ賞のようなレースをすればいいんじゃないか、と思う。けれども前走のこともあり、逃げも先行もせず、たぶん、控えてしまう。しかし、ここでこそ逃げに出て欲しいくらいである。そうすれば上手くいけば一着、少なくとも馬券には絡めるからだ。

2番のムーンエクスプレスと5番のペルフィカからは似たようなニオイを感じる。内をするするいって三着以内に粘っちゃいそうなそんな気配である。

ディープの人気薄、ローデッドとメイゲツにマンカフェの人気薄、アースライズも気になるのでワイドで遊んでおくか。

三連単はもちろん8番ルージュバックを一着固定。理由はこの馬だけなんか走りっぷりが違うから。あとはビックリドンキー、アンドリエッテ、ココロノアイ、キャットコイン、クイーンズリングから2頭か3頭に絞り、2、3着固定として流せばOKだ。あと、ココロノアイとドンキーはいつもセットだからこの2頭からも流しておこうかな……。


タグ:GT 阪神 桜花賞
posted by 白馬の王子 at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417181903

この記事へのトラックバック