最近の記事
2015年04月12日

阪神11R第75回「桜花賞」(GT)予想大会の結果

さ、さすが岩田騎手といったところか、この大舞台でも思い切ったことができる。普通なら控えちゃう、前走逃げて大きく負けたわけだから。しかし今日の馬場は逃げにより有利、そない人気のない馬が粘っていた。だからドンキほどの力のある馬ならマンマと逃げ切ってもおかしくはない。

しかし、私は岩田さんとは正反対でその可能性に賭けてドンキを本命にすることができなかった。この大舞台で思い切ったことができない、それが勝てる人と勝てない人の小さいようで大きな差よ。私には良いスタートを切ったため先行しようと思えばできそうだったのにそうしなかった戸崎騎手のことなど何も言えやしない。

結局いくら良い走りを見せても先行できなければダメなのである。GTではそれほど力が拮抗している。展開などに左右されてしまうのだ。あぁ本当に内の7頭で良かったんだ、前に付けられそうなメンバーであっていたのにルージュが強くて可愛いからつい贔屓してしまって……これじゃいつまでたっても勝てない。摩天楼ボスが沈んだ時に気付かないと、お前の予想は間違っている、ルージュも摩天楼ボスするぞ、と。


阪神11R第75回「桜花賞」(GT)の結果
1着3枠6番レッツゴードンキ(今までいつも頑張っていた馬がこういう風な流れでGT馬になるんだと思うと感慨深いものがある)
2着4枠7番クルミナル(やはりディープ産駒が絡んできた)
3着1枠1番コンテッサトゥーレ(前走は馬場が悪すぎたってのもあろうがチューリップ賞大敗組の巻き返しというシナリオは今までに何度か見たことがある。混戦模様の時は時にそうで、やはり桜花賞はチューリップ賞との相性が抜群に良いようである)

4着7枠13番クイーンズリング(よく追い上げて来たと思う)
5着3番ノットフォーマル(どうせならお前が絡んでくれればよかったのに)

6着9番アンドリエッテ(やけに推している人が多かったが残念)
7着11番キャットコイン(小柄でまた体重も減ったのに頑張ったと思う)
8着10番アースライズ(人気の割に頑張った)

9着8番ルージュバック(このスローであんな後ろからでは……)
10着15番ココロノアイ(愛ちゃんもこんなところに……仲良かったドンキとこんなに差が付くなんて。まぁそれだけ展開に大きく左右されるほどの力の差なのかもしれないが)

11着17番レオパルディナ(真っ先に消したがまずまず頑張った)
12着14番テンダリーヴォイス(GTだと力及ばずなタイプかな)
13着5番ペルフィカ(もっと積極的にいって欲しかった。どこにいたのか知らんけど)
14着2番ムーンエクスプレス(もっと積極的にいって欲しかった。どこにいたのか知らんけど)

15着12番ローデッド(うーん)
16着16番名称メイゲツ(やっぱダメだったか)

17着4番トーセンラーク(真っ先に消した馬)
18着18番クールホタルビ(真っ先に消した馬)
タグ:GT 阪神 桜花賞
posted by 白馬の王子 at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック