最近の記事
2016年04月17日

中山11R第76回「皐月賞」(GT)予想大会

ついに時が来たようである。シルバーステートやハートレーは離脱してしまったがサトノダイヤモンド、リオンディーズ、マカヒキの三強にエアスピネルやロードクエスト、アドマイヤダイオウなんかを加えた強力なメンバーが無事に出走。今年のGTはやくもピークを迎えている。私もSilent Siren(サイレントサイレン)のチェリーボムを聞きながらテンションアゲアゲで挑んでいるぞ(が今日はやけに早く目が覚めたので頭の回転が鈍い。睡眠が一番大事なのに)。

さて私の本命◎は、マカヒキ君。理由は弥生賞を見ても分かるように中山コースの走りっぷりも良かったし、最後にリオンディーズをきっちり差し切っているからである。もしあれで差し切っていなければそこまでの馬ですがあれを差し切れるところに非凡な、同じディープ産駒の先輩、キズナ以上の能力を感じています。2着や3着に甘んじる、ディープ産駒によくいるタイプではなく、1着じゃなくてはダメなんです、な本物のディープ産駒なのです。

3番人気なのは、あくまで前走はリオディーズがかかったからどうにか差し切れた、と思われているからでしょうが、マカヒキにしても余裕があったように思えます。それにリオンは兄エピファネイア同様、気性面と中山コースに不安があります。サトノダイヤモンドはきさらぎ賞からの直行ですし、どうもトップスピードにのるまで時間がかかるタイプのようなので、多頭数でごちゃついて上手く抜け出せず、本来のエンジンがかからずに沈む、そんな姿見たくはないですがありえるシーンです。中山は直線も短いですからね。

マカヒキにはこれらの心配はありません。マカヒキは4コーナーでもかなりのスピードで上がっていけますし、おそらく三強では一番後ろに位置すると思われているため確かに今回は届かない可能性もありますがある程度前にもいけるクチだと思います。それに前を走る馬を必ず捉えることのできる脚と頭を持っていますからね。

どのように買うかはまだ決まっていません。

タグ:GT 皐月賞 中山
posted by 白馬の王子 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック