最近の記事
2016年04月17日

中山11R第76回「皐月賞」(GT)予想大会の結果

まぁ
こんなもんだよな、三強、三強と皆が騒いで期待するほど伏兵馬がひょっこり勝っちゃう。私も舐めていた、ディーマジェスティを。確かにハートレーがボロ負けした、あのズブズブのタフな馬場で行われた共同通信杯を勝ったのだから力はある。今日みたいなただでさえ風の強く、タフなレース展開に中山のタフな馬場はピッタリだったのかもしれない(があそこまで抜け出すとはね)。ネットでは結構こいつの名をあげている人がいたのにテレビではそれほど名があがらないので逆に怪しんではいたんだ。1月生まれは皐月賞で勝ったことがないというデータも気になってはいたよ、でもデータは気にしないタイプなのでそこはスルーしたんだ。けれども本当に全て1月生まれの三強が敗れ、3月生まれのディーマジェスティが勝っちゃうとはね。

それにしても今年はレースごとに主役がころころ変わるよね。朝日杯でエアスピネルをリオンが破り、弥生賞ではそのリオンをマカヒキがそして今回の皐月賞はマカヒキをディーマジェスティーが破っちゃうんだもんな。サトノダイヤモンドなら納得もできたんだがディーマジェスティって皐月賞馬って感じの名前ではないよね。マカヒキもよくいるディープ産駒でしかなかったし、今年は強い強いと言われてきたがどうなんだろうね。


中山11R第76回「皐月賞」(GT)の結果
1着8枠18番ディーマジェスティ(デビュー三戦目でようやく勝ち上がって来た馬なんだけどこの大舞台で大外で勝っちゃうとはねぇ)
2着2枠マカヒキ(ディーマジェに比べるとなんだか小さく見えたよ)
3着6枠11番サトノダイヤモンド(GTだとこうなっちゃうか、、初めてもがき、苦しみ、そして敗れた)

4着7枠15番エアスピネル(やはりそこまで差はなかったがディーマジェが突如、割り込んできたため馬券圏外へ、残念)
5着(4位降着)8枠16番リオンディーズ(やはり心配されていた気性面の問題が出てしまったか、あれだけハイペースだとどんな馬出も苦しくなるし、それにつられて迫った、サトノやスピネルも苦しくなって漁夫の利でディーマジェスティ、後れてマカヒキが突っ込んできた感がある)

6着5番マウントロブソン(この馬でも三強とそこまで差がないみたい)
7着9番ナムラシングン(こいつも途中まではおっと思わせてくれたもんな)
8着14番ロードクエスト(この世代はお前が新潟で見せた衝撃的なレースから始まったんだよな。あの栄光を取り戻すべく、渾身の仕上げで挑んだのだけど……、本当は新潟や東京コースの方があっているんだと思う。あと距離ももう少し短い方が良さげ)
9着4番アドマイヤダイオウ(まぁこんなもんでしょう)
10着7番ウムブルフ(名前的に気になってはいたよ)

11着13番プロフィット(京成杯からの休み明けと言えば、エイシンフラッシュを思い出すけどな)
12着6番ミライヘノツバサ(名前的に何かを感じさせるものがあったが)
13着8番ミッキーロケット(ミッキーは短距離馬のイメージが強い、あ、ミッキークイーンがいたか)
14着10番トーアライジン(真っ先に消せた馬だよ)
15着1番ドレッドノータス(こんなもんだったのね)

16着2番ジョルジュサンク(まぁこんなもんでしょう)
17着12番リスペクトアース(まぁこんなもんでしょう)
18着17番アドマイヤモラール(二番目に消せた馬だよ)


あのハイペースで早めに仕掛けたというか仕掛けざるを得なかった、リオン、エアスピネル、サトノダイヤモンドの人気上位馬がそのまま残っているのだからやはり力はあるが今はそこまで能力に差はなく、展開次第で順位は入れ替わってしまうのかもしれない(だから予想はより難解になってしまう)。ディープやオルフェのように一頭だけ抜けた強さの馬ってのは(サトノダイヤモンドには少しそれを期待していたけど)なかなか現れないだろう。と言っても昨年はドゥラメンテが突き抜け、今回はディーマジェスティが突き抜けているわけだが……。
タグ:中山 皐月賞 GT
posted by 白馬の王子 at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436776027

この記事へのトラックバック