最近の記事
2017年04月09日

阪神11R第77回「桜花賞(GT)」予想大会の結果

そう、来たか、。レーヌとジューヌは最初の頃の勢いがない点が似ている(のでやっぱりやめようかな)と思って気を抜いたら来るの法則が発動したってわけか。

レーヌミノル、確かにこいつには力がある。しかしここのところ初めの頃に見せた勢いがなかったので人気が落ちていた。けれども一番最初に桜花賞を意識したのはこの馬だったのではないか。名前の響き的にも、今では桜花賞馬がしっくり来る不思議。今日のような馬場コンディションも味方したのだろう。レッツゴードンキも荒れ馬場を味方にしてちぎったもんな。先行してそれなりにやれる力のある馬、今後桜花賞では特に要注意である。

ソウルスターリングはどうしたのだろう、いまいち弾け切れなかった。今回は骨っぽいメンツがそろっていたってのあろうがやはり競馬にも絶対はないのだ。安定感のあるリスグラシューから行くのは間違ってはいなかったのだけどな……。


中京11R第77回「桜花賞(GT)」の結果
1着5枠10番レーヌミノル(なぜミノリではなく、ミノルなのか、ニューハーフなんじゃないか)
2着3枠6番リスグラシュー(この手のタイプは軸に最適である。同じハーツクライ産駒、ヌーヴォレコルトの後継者になれる逸材である。しかし勝ちきれんな)
3着7枠14番ソウルスターリング(切れるタイプだけに重馬場が合わなかったのかもしれん)

4着8番カラクレナイ(ちょっとしたことなのだ、ちょっとしたことで人生かわるのだ。だけどそのちょっとに大きな壁があるのかもしれない)
5着6枠12番アエロリット(もう少し前で競馬できたなら……)

6着17番ディアドラ(この馬が絡んだら面白かったのに)
7着18番カワキタエンカ(なんだか昭和的で古風な名前だよね)
8着2番ライジングリーズン(まずまず頑張ってくれたが中途半端である)
9着4番ジューヌエコール(レーヌかジューヌどちらかが絡む、そんな馬券で良かったのかも。まぁソウルが絡んだからどちらにせよ、そない付かないが)
10着13番ヴゼットジョリー(なんとなく呼んでみたい名前である)

11着1番ミスエルテ(朝日4着で桜花賞11着てことは単純に考えてファンディーナも皐月賞で勝負になるということかもしれない)
12着15番アドマイヤミヤビ(やけにこいつを押す人が多かったが眉唾ものだったよね)
13着9番ゴールドケープ(私が望んだのはこんな結果ではない)
14着11番アロンザモナ(まぁこんなもんでしょう)
15着7番ショーウェイ(ショーウェイウェイ)

16着16番ミスパンテール(前走はなんだったのか、展開や馬場模様なので着順が大きく変わる、そのくらい力の差が拮抗しているのかもしれんな)
17着5番ベルカプリ(真っ先に消せた馬)
取消3番サロニカ(サロニカは出走を取消すことにした)


ダイワメジャー産駒もディープ同様、牝馬の方が走るね。
タグ:GT 桜花賞 阪神
posted by 白馬の王子 at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448865852

この記事へのトラックバック