最近の記事
2017年05月28日

東京10R第84回「日本ダービー(GT)」予想大会の結果

い、いやぁ、ツイッターでも呟いたように予想通り、ガチムチの堅さでしたな(私は今回、確かにその空気感を確かにかんじとったぞ?)。でも結局いろいろ買ってしまい、取って損なのはここだけの話です(最後の最後にちょい穴からもいっぱい買ったのである)。

あぁ、テレビなんか見るんじゃなかった(テレビがなきゃレース自体みれないが)。クリンチャーを推しているオッサンがいて、そうだな、確かに前で残るやもしれんなんて思って、まぁルメールが早めに仕掛けることである意味、レイデオロくんがそれをしたのですが、クリンチャーこそがあれをやるべきで、クリンチャーがやったらもっと面白かったのかもしれません(着順的に言ってまず無理だが)。

穴狙いでちょこまか買っているからこういう時に思い切ったことが出来なくなる。本当は先週の時点で、勝つのはレイデオロという抜群の手応えがあったのに以前からダービー候補だと感じていた、スワーヴリチャードと迷い(かなり迷った時点で勝つのはこの二頭のうちどちらかなのだが)、最後はアドミラブルまで選択肢に入れてしまった(青葉賞馬が頭で来ることなどほぼないのに)。

ここは初志貫徹でレイデオロから三連単頭で行く、そういう男らしい決断を下さなくてはならなかったし、そうしない時点で負けなのだ、人生と同じで。

なんなら答えは、私だけに見える真実はほぼそこまで来ていた。三連単一点でも行けるほどの精度の高い予想が完成間近で、ブログでレイデオロ・アドミラブル・スワーヴリチャードと記した時に自信度的には後ろ二頭の並びは逆だな、と変更しかけたんだ。ほんたうなんだ、ほんたうにほんたうなんだって!

ダービーを三連単一点で当てる、それほど気持ちの良いことは、この世の中にはそうあるまい。競馬をやる者にとっては、大きな夢である。そこにズドンと1万円くらい行かないと本物の競馬師とは言えやしないさ。

そこらのミニスカギャルと同じで、最後のさいごに目移りしてしまったわけだ。あぁ、またしても自分を信じ切れなかったっはぁぁ〜、そうして周りの意見やらに左右されるからあんっなにも可愛いあの子を手放し、人生もこんなことになっちゃうんだ、ちくしょう!

目の前に大きな幸せがあったのにあと一歩のところでいつもやらかしてしまう。競馬で一点買いそびれてしまった時のようにちょっとしたことなのだ、ちょっとしたことで人生なんて大きく変わるのだ。今回だって、、まぁいい、もう過ぎ去ったことだ。リアルでも今回のレースでも一歩踏み込めなかったのは(邪念が入って違う方向に踏む込もうとしたが)、微動だにしない事実なのだから。


東京10R第84回東京優駿(GI)の結果
1着6枠12番レイデオロ(先週のオークスに続き、藤沢調教師の管理馬が見事GT勝利。やはり、この馬がこの世代の王者だったようだ)
2枠4番スワーヴリチャード(レイデオロを交わすほどの勢いだったのだがウインバリアシオンのように止まった。これがハーツクライ産駒の宿命なのか)
3着8枠18番アドミラブル(あの展開でよく来たとは思う)

4着2枠3番マイスタイル(あわやのところだった)
5着4枠7番アルアイン(皐月賞馬としての力は見せてくれた)

6着1番ダンビュライト(この馬なりに精一杯はしった)
7着11番ペルシアンナイト(デムーロは馬を見る目があるようだ)
8着8番トラスト(いつもそこそこの着順だから走らせるのだろうか)

9着10番ベストアプローチ(確かにこのくらいの着順がしっくり来るな)
10着6番サトノアーサー(不発におわた)

11着13番カデナ(カデナとはなんだったのか)
12着16番キョウヘイヘイ(意外と頑張った)
13着5番クリンチャー(プギャッ〜〜)
14着15番ダイワギャグニー(まぁこんなもんでしょう)
15着17番ウインブライト(まぁこんなもんでしょう)

16着9番マイネルフェーン(まぁないなと思った)
17着2番アメリカズカップ(まず来ることはないなと思った)
18着14番ジョーストリクトリ(距離的にもありえないと思った)


今日の名言。
リスク覚悟で思い切らなきゃ大したものは手に入らない。

posted by 白馬の王子 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック