最近の記事
2017年06月25日

阪神11R第58回「宝塚記念(GT)」の結果

なんかちょっと、ショックですなぁ。GTで一着を続けようと思ったら無理をしなければならないだろうから見えない疲労がたまっていたのだろう。それがいつどこで出るかって話で今回がそれだったってことなのかもしれない。いくら強くてもいつかは負けますし、この世にいつまでも続くなんてことはないですからね(いいともも終わったし、SMAPだって解散したじゃないか)。まぁ今回は不慣れな外枠と雨馬場の影響もあったのでしょうが。

いずれにせよ、キタサン外しで勝負するならここでしたな。私もいつもと違う雰囲気を感じ取ってはおりました。不思議とこういう少頭数の時にやらかしたりするものですね(宝塚は断然人気の馬があれって感じで負けちゃうレースでもある)。ミッキークイーンは最後の直線で不利があったのによく頑張ってくれました。

阪神11R第58回「宝塚記念(GT)」の結果
1着8枠11番サトノクラウン(サトノの呪縛が解けてからの勢いが止まらない)
2着2枠2番ゴールドアクター(このくらいの距離がベストなんだろう)
3着7枠8番ミッキークイーン(やっぱり最後のさいごには来てくれる馬ですね。阪神コースも好きなのだろう)

4着6番シャケトラ(まぁこんなもんでしょう)
5着7番レインボーライン(この馬もこのくらいの距離が良いのだろう)

6着1番ミッキーロケット(ミッキークイーンの邪魔をしてしまった)
7着3番スピリッツミノル(よく頑張った方かと)
8着5番シュヴァルグラン(キタサンもそうだが天皇賞春がキツかったのかもしれない)

9着10番キタサンブラック(なんだか今までがおかしかっただけで、名前的にも本来はこのくらいの着順がしっくり来る馬のような気がして仕方がない)
10着4番クラリティシチー(お前にはGTは厳しい)
11着9番ヒットザターゲット()


今日のわかった。
結局、多くの人はどうせキタサンが来ちゃうだろうってレースが始まる前からどこかで諦めているからチャンスを逃すのである。そこでもう一歩踏み込まなくては大したものは得られないのである。今回はどうも怪しい雰囲気が漂っていたしそれに気づいてもいたのだからその可能性に賭けるべきだった。その方が面白いじゃないか。終わってからならなんとでも言えるのだけど。


posted by 白馬の王子 at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック