最近の記事
2017年12月10日

阪神11R第69回「阪神ジュベナイルフィリーズ」(GT)の結果

い、石橋脩騎手ってイケメンだね!ビートブラックに乗ってた人か。にしてもラッキーライラックよくやった。オルフェーヴル産駒はここのところ人気になっても走らない馬ばかりで、かつてのグラスワンダー産駒みたいなイメージだったが(アーネストリーとスクリーンヒーローを輩出してはいるが)初年度でいきなりGTだもんな。

オルフェ産駒もディープ同様、牝馬の方が走るのかもしれない。オルフェ自身、ジェンティルやソレミア、ホエールキャプチャなど牝馬に弱いイメージがあるけどね。

阪神11R第69回「阪神ジュベナイルフィリーズ」(GT)の結果
1着6枠11番ラッキーライラック(今思えば可愛い名前だね)
2着4枠7番リリーノーブル(ルーラーシップ産駒は牝馬も走るんだね)
3着2枠4番マウレア(ディープ産駒が三着に敗れるとは)

4着8番トーセンブレス(こいつもディープ産駒)
5着16番モルトアレグロ(今後短距離での活躍が期待できそう)

6着2番ラテュロス(狙い目のディープ産駒だったが)
7着3番グリエルマ(ロードカナロア産駒は新馬戦では無類の強さを誇るけどな)
8着12番ソシアルクラブ(ブエナの子、これからの活躍に期待)
9着18番ロックディスタウン(同じオルフェでもこっちの方が強そうなイメージだったがかかっちゃったか)
10着6番マドモアゼル(距離がじゃっかん長いのかな)

11着14番ノーブルアース(ハーツクライ産駒牝馬なだけに期待したが)
12着13番トーセンアンバー(こんなもんかもしれないね)
13着17番コーディエライト(ダメジャー産駒牝馬なだけに期待したが)
14着1番サヤカチャン(相手なりに走れると思ったが)
15着9番レグドール(さすがにないかなと)

16着10番ハイヒール(さすがにないかなと)
17着5番ラスエモーショネス(さすがにないかなと)
18着15番ナディア(昔、「不思議の海のナディア」ってアニメがNHKでやっていてね……)

仮想通貨投資を始めたために今後はあまり競馬に投資できそうにないですが、仮想通貨はリアルタイムでチャートを眺めているだけでも楽しく(競馬にしてもそうだが人は数字が増えていく姿に興奮するのだろう。それがお金に繋がれば尚更である)一日つぶせるし、何より、競馬と違って今のところ利益が出ているので良かったのではないかと思っています。

今まで競馬でお金を失ってばかりでしたがその資金を競馬のように夢中になれる別の何かに回して更にお金を増やすことができるならそれに越したことはありません(もちろん、競馬も続けるが今後は参加するレースを絞る省エネ投法で行きたい)。

投資額は135万円(こんなにやるつもりはなかったのだけど競馬同様あれもこれも欲しいとどんどん手を広げる癖が出て、本当は遣ってはいけない、大切なへそくり貯金があっという間に……)。これが現在いくらになっているかと言うと、取引所のCoincheckが約120万円(投資額100万円)、Zaifが約60万円(投資額35万円)なので、+約50万円。

ただ、その多くがモナコインによる利益で(基本的にどれも増えているが枚数が少なかったりするので)、モナコインの価格が三桁まで下がるとマイナスが見えて来そうですが、売るに売れないので放置プレイです。モナを今売っても税金を考えるとそこまでの利益が期待できませんし、今後どう動くのか判断が難しい局面でもあります(へそくり貯金口座のお金が殆どないので急な出費が重なると売るしかなくなるが)。

こういうのは、売るための分も確保しておくべきでしたね。初めてだったのでいろいろ準備不足でした。モナには、競馬でこいつは必ず来るぞと閃いた時のようなワクワク感を強く感じ取ったので、本当はモナだけにドカンと投入するつもりだったのですが、Zaifのハガキが届く前に他のコインについ手を出してしまったのが痛かった(そうして競馬同様、点数を広げるから利益も薄くなる)。それからハガキが届いたちょうどその日に市場が大きく動き出し400円台になって躊躇してしまったのもある(200円台、300円台の数字を見ていただけに)。

そんな中途半端な気持ちのままにちょっとずつ買ってみたもののあまり枚数が増えていないことに気づき、これじゃつまらないと翌日か翌々日だったか忘れたが、700円、800円と上がったところで追加購入(買い増し)、その後いったん500円台に落ちた時があったのでこの時に買っておればと後悔しています(いや400円台で大量に買っておればもっと枚数が買えたわけで2,000円以上になった時にいくらか売れたし、あとは高みの見物が出来たろうに)。競馬も仮想通貨も人生も中途半端だと後悔ばかりが付きまとうものですね……(あの子の時同様、せっかく人生大逆転のチャンスを得たというのに、ちょっとしたミスが新たなミスを生んで、またしても逃してしまったわけだ)。

posted by 白馬の王子 at 22:18 | Comment(0) | 競馬予想と結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。