最近の記事
2017年12月24日

中山11R第62回「有馬記念」(GT)の結果

く、クイーンはクイーンでも、クイーンズリングの方だったか……のパターンである。

でもこの馬、枠番からして正直どうも気になって仕方がなかった。ほ、ほんたうなんだ、ほんたうなんだよ。鞍上もルメールだし、前めの位置でいい感じに進めてくれるのではないかと。全てが上手く行った感はあるが最後の脚はかなりのモノだし、シュヴァル、スワーヴリチャードのハーツ産駒二頭に先着するのだから恐れ入る。

キタサンブラックも勝つだろうなという匂いがプンプン漂っていた。結局、最後も軸にせず、相手にも買わなかった時点でそうである。最後は勝つ気がしたがここで買ったら負けな気がしたし、勝ったらそれはそれで目出度いじゃないかと。有馬記念は、一昨年が3着、去年が2着、そして今年が1着なわけで、年々つよくなっていったことの証明である。まぁ、よく考えれば、去年僅差で敗れた、サトノダイヤモンドがいないのだから相手がいないよな、と今となれば思うが。


中山11R第62回「有馬記念」(GT)の結果
1着1枠2番キタサンブラック(名馬はたいてい有終の美を飾るものである)
2着2枠3番クイーンズリング(確かにお相手はお姫様がお似合いだ)
3着5枠10番シュヴァルグラン(この馬も強くなったよね)

4着14番スワーヴリチャード(東京コースだったなら……)
5着11番ルージュバック(よく頑張った!)
6着7番シャケトラ(よく食らいついた)

7着16番サウンズオブアース(何かを思い出しつつあるようだ)
8着8番レインボーライン(差し馬には厳しいよな、やっぱ)
9着6番サトノクロニクル(結構やれんじゃないかと思ったが)
10着1番ヤマカツエース(人気になったら駄目だね)

11着13番ミッキークイーン(やはり後ろからでは……)
12着4番ブレスジャーニー(このコース、展開では……)
13着12番サトノクラウン(よく分からない馬)
14着5番トーセンビクトリー(お母さんみたいにはいかなかったか)
15着15番カレンミロティック(さすがに仕方ないか)

16着9番サクラアンプルール(まぁこんなもんでしょう)

まぁ結局、普段差しとか後ろから行く馬には苦しいんだ。キタサンは先行して押し切れるからいつも通り走れば済む。しかし、その形が出来ない、他の馬はどうしても何処かで無理をする必要が出てくる。ダイワスカーレットにしてもそうだった。同じこの有馬記念の舞台で、メイショウサムソンなどの有力馬が早めはやめに行ってスカーレットを潰しにかかったが逆に自身が潰れてしまった。結局、人間でもそうだが無理をしてはいけない、自然体が一番で、キタサンやスカーレット相手だと自身も同タイプでかつ力がないとまず勝てない、ということである。

さてさて仮想通貨投資の成績ですが、現在いくらになっているかと言うと、取引所のCoincheckが約248万なので先週から+38万円、Zaifが約75万円なので先週から+2万円、合計+170万円(利益323-投資額153)と先週より22万円UPになっています。

けれども数日前にビットコイン価格の暴落に伴う、アルトコインの暴落があったため先週のように大きくは増えていません。逆に投資額が18万円ほど増えています。これは暴落で価格が下がったので思い切って買い増しをしたためです(もう投入資金は限界ギリギリ)。新規参入者は実はこの暴落時が購入チャンスとなります。大きく下がれば、1カ月ほど前の価格で購入できますからね。現在も全体的に下がったままで、元気がありません(数日前の大暴落に比べるとマシだが)。モナコインが復調してくれればいいのですが。





posted by 白馬の王子 at 16:46 | Comment(0) | 競馬予想と結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。