最近の記事
2019年02月18日

東京11R第36回「フェブラリーステークス」(GT)の結果

うーむ、コパノキッキングの強さは見せたと思うがインティ、ゴールドドリームがやはり抜けて強かったか。にしても、インティ楽々の逃げで余裕かと思ったがさすがはゴールドドリーム、最後にあそこまで迫るとは。しかしなんか知らんけどなかなか興奮したぞな。


東京11R第36回「フェブラリーステークス」(GT)の結果
1着4枠6番インティ(破竹の七連勝でGT制覇。父親のケイムホームの種付け料はたったの10万円。そんな馬がここまで強くなるとは)
2着3枠3番ゴールドドリーム(やはりダートはゴールドアリュール産駒だけどね)
3着2枠2番ユラノト(そっか、サターンの方じゃなかったか)

4着8番モーニン(惜しかった)
5着11番コパノキッキング(GTの舞台で最後方から5着にまで来たのは立派。展開次第ではもっと上位に来れそうだ)

6着10番サンライズソア(うーむ、)
7着7番サンライズノヴァ(中途半端な着順だ)
8着5番サクセスエナジー(サクセスするためのエナジーを溜めてる最中である)
9着9番ワンダーリーデル(よく頑張ったんじゃないかな)
10着14番オメガパフューム(いいところなく終わった)

11着1番クインズサターン(全然のびなかった。GTが舞台ってのもあるが疲れがたまっていたのかもしれない)
12着12番ノボバカラ(まぁこんなもんでしょう)
13着13番ノンコノユメ(出遅れが最後まで響いたか)
14着4番メイショウウタゲ(さすがにこの馬は消せたよ)


ルヴァンスレーヴがいたらインティは捕まっていたのか気になる。にしても今日はまるで当たらなかった。やってはいけない日だったよ。。

posted by 白馬の王子 at 00:16 | Comment(0) | 競馬予想と結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。