最近の記事
2019年10月27日

東京11R第160回「天皇賞・秋」(GT)の結果

わ、罠はサートゥルナーリアだったってわけか。ダービーを見ても東京コースは確かに怪しかったがあの時と似たような感じで最後は垂れてしまった。片や、アーモンドアイといったら、このレベルの馬相手に突き抜け、突き放すんだもんな。。普通にアーモンドアイ頭の三連単で流せなかったことが恥ずかしい。


東京11R第160回「天皇賞・秋」(GT)の結果
1着1枠2番アーモンドアイ(あっという間に内から突き抜け、突き放した。現役というか歴代最強レベルの馬)
2着5枠9番ダノンプレミアム(GTでも勝負になるところを見せてくれた。このレースは、アーモンドアイといい、前走の安田記念で大きな不利を受けた馬の巻き返しだった)
3着3枠5番アエロリット(そしてその安田で2着だったのがこのアエロリットで、この馬はかなり粘っこくてこの距離でも十分に勝負にはなるとは思ったが)

4着6番ユーキャンスマイル(ちょっと次にも期待できる走りでしたね)
5着14番ワグネリアン(最後の最後にやってきてはくれたが)

6着10番サートゥルナーリア(最後は垂れて後ろの馬に交わされるところがダービーとそっくり。距離というよりも東京が合わないのかな)
7着4番スワーヴリチャード(この馬の着順を考えると、サートゥルも力を出し切ってはいるのかもしれません。とにかく、上位三頭が強かったとも言えます)
8着15番ウインブライト(中山専用機かと思いきや、東京そしてこのメンツでも結構がんばったなぁと)


9着3番ケイアイノーテック(この馬も思ったよりも頑張った方ではないかと)
10着8番マカヒキ(充分がんばっているんじゃないかと。かつてのダービー馬だけどこんなもんではないかと)

11着11番ゴーフォザサミット(実にこの馬の実力にふさわしいくらいのちょうどいい着順じゃないかと)
12着7番スティッフィリオ(このメンツともなるとこうなっちゃうか、てな着順です)

13着1番カデナ(このメンツともなるとこうなっちゃうか、てな着順です)
14着16番アルアイン(東京はサートゥルナーリア以上に苦手。枠も悪かった)

15着13番ランフォザローゼス(さすがに苦しいでしょう、メンツ的に)
6着12番ドレッドノータス(せっかくだから出たのだと思いますが無理にここに出す必要はなかったのではないかと。せっかく前走いい感じに勝ったのに。。)


これで三連単8,000円以上、付くなら美味しかった、と結果だけを見ると思う。アーモンドの相手にダノンプレミアムとアエロリットという、前で残りそうな二頭を選べばいいだけでしたし(どちらも予想よりも人気がなかった、というのも大きい)。ただ、アーモンドアイはもちろん、サートゥルナーリアも好きな馬なので私情が入って買い辛いんだよね、どっちも外したくないというか。。外して来たら来たでなんとも言えない気分になるし。そういうところだよな。。
posted by 白馬の王子 at 20:16 | Comment(0) | 競馬予想と結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。