最近の記事
2015年10月04日

中山11R第49回「スプリンターズステークス」(GT)予想大会の結果

あの子のまっすぐな想いは私に届いてはいたし、私だってあの子のことが好きで好きで仕方がなかったんだ(見た目や雰囲気だけでなく性格や声まで、全てにおいて理想のタイプだったんだ)、だから本当は両想いだったのにあの時、吹いた浮世の風が二人を引き裂き、たったそれしきのことで私も動揺、どうしたらいいのか分からなくなり、何もできなくなってしまったのだ。

今思えば、あの子の気持ちは純度100%に近いほどに本物だったのに。確かにあの時のあの態度は彼女を傷つけてしまったかもしれない。しかしそれしきのことで彼女は私を嫌いになどならないし(私だってそう簡単には嫌いになんかならないしなれない。多くの場合、嫌いな人は最初からどこか嫌だなと思うところがあるものだ)好きになった以上、ストレイトガールの母名、ネヴァーピリオドのように決して終わらないし、そう簡単には諦められなかったのだ。それに気づき、彼女を信じていればこんなにも辛く悲しい結末にはならなかった(私はどこかでもう駄目だなんてあきらめの気持ちがはやく出てしまった、いくらでも挽回できたのに)。

けれども馬券は当たったんだ、あの子がいない今、馬券など当たっても虚しくなるだけで嬉しくなんかなんともないのに(金を賭けている以上、それなりには当たらないと困るわけだが)、こういう時には一応、当たってしまうのだ。
あの時だってそうだった、ヴィクトリアマイルでまっすぐなあの子を思い出し、ケイアイエレガントの相手にストレイトガールを入れたんだ。その直感は鋭く、とてもしっくり来たので(あの子を初めて見たその瞬間のように)一瞬、ストレイトガール頭の三連単で行こうとすら思ったほどだった。

あの子は幸運の女神だったに違いない。好きになるだけで運気が上昇して信じられない配当が付いたのだから。だからもしストレイトガールとあの子を強く信じていれば、私の人生は変わっていたのだ。何を疑っていたのだろう、何が怖かったのか、自然なことだったじゃないか、私たちが惹かれあうのは(だって私の職業は白馬の騎士で、名前は白馬の王子、あの子はその相手にふさわしいお姫様でしかなかったのだから!)。

ありえないことなんかじゃなかった、けれどもあまりにもモテない季節が、不幸が長引き、それがあたり前になっていたせいで、そんなドラマや漫画みたいなことがこの現実にしかも冴えない高齢素人童貞の私の身に起こるはずがない、突然目の前に現れた美女に一目惚れをし、その相手がこちらのことを同じように好きになるわけがないじゃないか、なんて後ろ向きなことを考えてしまったのだ。

だからどうしてもどこかで彼女を疑ってしまったし、幸せオーラが凄まじく、眩しくて、また可愛すぎて、気を遅れしてしまい直視できなかったのだ(昔は、中学の途中くらいまではそれに慣れていたのでこの手の子とはどうってことはなかったのに)。素直になりたくてもなれなかった、冷静になりたくてもなれなかった、もっと話したかったのに話せず、近付きたいのに近付けずむしろ避けたり逃げたりを繰り返してしまったのだ。自分に自信がなく、彼女の魅力の前に怖気づいてしまったのだ(今考えると彼女に対してもとても失礼なことだ。彼女が選んでくれたのに自信がないだなんて、それに応えられないだなんて男として最低じゃないか)。彼女は反対にとても素直でそれを分かりやすく伝えてきた、だからそれを信じればいいだけ、素直に応じればいいだけだったのに。。

ストレイトガールが勝つと同時にあの子の姿が目の前に浮かんできて、良い歳をして溢れ出る涙を抑えることができなかった。ただでさえ、精神状態が不安定で毎日のように涙がちょちょぎれているのだ。労働中もひっそり泣いているのだ(大丈夫、誰も気付かない)。こうして記事を書いていても私としたことが泣けてくるのだ、涙で原稿が書けない、紙も湿って……(いやこれはブログだった)。連日続く幸せな結婚報道やバーバリーの格好良い外人カップルのCMを見るたびに、私もあの子とこういう関係になれたんじゃないのか、人生大勝利の報告がこのブログでもできたんじゃないのか、なんてことを思って私の心の傷がしくしくとうずくんだ。

馬券は取れても、あの子は手に入らなかった。
金では、金だけでは幸せは手に入らないのだ。

けれどもあの時、ヴィクトリアマイルで的中したのが三連複ではなく三連単だったならどうなったのだろう、なんてことを未だに思う。この子を手放せない、そんな想いがより強くなって余計に空回りしたのだろうか、それともそれが確信できるほどなので行くしかないと素直に行けたのかもしれない。そうしてようやく私の人生にも光明が差し(あの子が現れた時点ではそうだったが)、好循環が訪れたはずだ。あの子、ストレイトガールが浮世の風をものともせずに駆け抜けたように。

中山11R第49回「スプリンターズステークス」(GT)の結果
1着1枠2番ストレイトガール(国内最後、これでお別れというのもあの子と同じでフラグが立っていた。可愛くて強くて最高だったよ、きっと忘れることはない、今までありがとう)
2着2枠4番サクラゴスペル(こいつが絡んだからもっと付くと思ったのだけどあの子がいない今そう大きな配当にはなってくれないようだ、ヴィクトリアマイルの配当はおかしかったものな)
3着3枠6番ウキヨノカゼ(ウリウリとこのウキヨノカゼどちらかが絡むと読んだ、今回はウリウリじゃなくこちらだろそんな囁きが聞こえてきたのだ)
4着7枠13番ミッキーアイル(この馬もやはり力があるな)
5着6枠12番ウリウリ(岩田騎手は今までの成績が良すぎた感もあるな)

6着1番リッチタペストリー(一瞬、絡むかと思ったぞ)
7着11番レッドオーヴァル(人気は落ちていたが伊達に去年3年に来ていない)
8着5番スギノエンデバー(頑張ってくれたと思う。人気なさすぎだもんな)
9着9番アクティブミノル(前走が上手く行きすぎたんだと思う。こういう場合は来ない)
10着16番ティーハーフ(札幌かどこかで買った時は凄い大物感があったのだけどな)

11着3番リトルゲルダ(ちょっと衰えを感じるな)
12着8番ハクサンムーン(今回は来るパターンかと思ったのだが)
13着7番ベルカント(成績的に言って確かに力が足りない気もしたが)
13着15番コパノリチャード(そっか、そうなのか)

15着14番フラアンジェリコ(1200は合わなかったのかな)
取消10番マジンプロスパー

なんでこんなにも辛い思いをしなければならないのか、そう思って選んだのがウキヨノカゼだった。相手はもちろん、ストレイトガール(だけど今回だって最後までこの馬を信じられたわけじゃない、だから三連単ではなく三連複なのである。そういうところが駄目なのだ、だからいつまでたっても競馬や人生に大きく勝つことができない。この子と思えばその子だけなのだ、その一頭を信じてその馬からのみ流すようにしないと)。この世の中は全て繋がっている、その繋がりに気付いた人や今の世の中の空気感、流れを読んだ人が馬券を手にするのである。
posted by 白馬の王子 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

中山11R第49回「スプリンターズステークス」(GT)予想大会

あぁ、マイネルホウオウ復活の気配があって狙っていたのに肝心のマウントシャスタがクソッ、、
もうこーなったらウキヨノカゼ、フラアンジェリコ、前走勝ったのに人気が思ったほどないこの二頭と、最低人気のスギノエンデバーからイク。
相手はストレイトガール、ウリウリィッ、ハクサンムーン。
前々で残った時のためにベルカント、ハクサンムーンの馬単もイッチャウ。
posted by 白馬の王子 at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

阪神11R第56回「宝塚記念」(GT)予想大会

うーん、分かりません。有力どころが回避して浮上してくるのがやっぱりゴールドシップで、この馬本当に運のある馬なので普通に来る気がしますが、たまにポカをやらかすのでよく分かりません。

どいつが絡んでもおかしくない気がします。牝馬ボックスもありかと。カレンミロティックはなんやかんやいって残っちゃうんじゃないかなぁ、なんてことも思う。結局、前にいる馬が有利な馬場模様で追い込みは厳しい。ただ、ゴールドシップは早めに仕掛けてくるわけでそうなると前で頑張る馬には厳しくなる可能性もある。皆、シップをマークして前々で競り合って、後ろから何か一頭飛んでくる展開もありうるかと。だからよく分かりません。

あぁ、それにしても今日はティーエスネオを買っていたら19万馬券だったのに、昨日もプランスぺスカを抑えておけば10万馬券だったのに。どちらも一瞬迷って捨ててしまったのだ、一応、抑えておくことも多いのだけど、特に昨日のプランスぺスカは怪しいなぁと思っていたのだけど、ちょっとしたことで逃してしまうのだ。あの子ともあと一歩のところで上手くいかないのだ、だからもやもやして余計に好きになってしまう、ラブリーデイから行こうか迷うくらいだ、枠もピンク色だし。
posted by 白馬の王子 at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

東京11R第65回「安田記念」(GT)予想大会

三連単上位人気TOP3以外は100倍以上付くことから普通に考えてそう荒れない気もするが、今回は穴馬が多いので狙いたいと思う。

まずは、ダイワメジャー産駒の1番サンライズメジャーと3番ダイワマッジョーレの内枠にいる2頭(ブレイズアトレイルも入れていいかも)。前者は前に位置できるのが強みで人気もなくかなり狙い目かと。マッジョーレの末脚は脅威でそろそろ炸裂してもおかしうはない。

大穴に14番サトノギャラントに17番エキストラエンド、どちらも力があるのにこの人気……、ここは狙うしかないでしょう。相手は6番モーリスか10番フィエロでいっかなぁと思う。フィエロは安定感があるので軸にするのに最もいいでしょう。
posted by 白馬の王子 at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果