最近の記事

京都11R第151回「天皇賞春」(GT)予想大会

他の馬が回避したり、メンバーが手薄になったりすると
浮上して来るのがゴールドシップである。
フェノーメノが回避して17頭立てになり、1枠1番に入ったため
何かやってくれる気もしてくる。

ただ今回はいろいろあって上の空で予想ができていません。。
大穴はクリールカイザーとフーラブライドです。
もう時間がなくて申し訳ない。

posted by 白馬の王子 at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

中山11R第75回「皐月賞」(GT)予想大会

時間がないのでお印だけとなりました。

◎ドゥラメンテ
○リアルスティール
▲サトノクラウン
☆ブライトエンブレム
△ダノンプラチナ
△キタサンブラック
△スピリッツミノル
△クラリティスカイ

ブライトエンブレムかダノンプラチナのどっちかが
絡むような気がしてきました。
前者はあのヴィクトワールピサと同じネオユニ産駒で
中山に向いてそう。後者は前走負けているから逆にそこが怪しい気がします。
タグ:GT 中山 皐月賞
posted by 白馬の王子 at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

阪神11R第75回「桜花賞」(GT)予想大会

どうも前にいる馬が残っている気がする。さっきも人気薄のサトノシュレンがまんまと逃げきり、あの摩天楼ボスでさえ届かずに4着に敗れてしまった(かなり折り合いを欠いていたので参考にならないかもしれんが)。

今年の桜花賞は、絶対的な逃げ馬が見当たらないので難しいが先行したやつが粘りそうで仕方がない。
先行して粘りそうな気配のある馬は、内にそろっている、内の1番から7番である。

6番のレッツゴードンキはここでチューリップ賞のようなレースをすればいいんじゃないか、と思う。けれども前走のこともあり、逃げも先行もせず、たぶん、控えてしまう。しかし、ここでこそ逃げに出て欲しいくらいである。そうすれば上手くいけば一着、少なくとも馬券には絡めるからだ。

2番のムーンエクスプレスと5番のペルフィカからは似たようなニオイを感じる。内をするするいって三着以内に粘っちゃいそうなそんな気配である。

ディープの人気薄、ローデッドとメイゲツにマンカフェの人気薄、アースライズも気になるのでワイドで遊んでおくか。

三連単はもちろん8番ルージュバックを一着固定。理由はこの馬だけなんか走りっぷりが違うから。あとはビックリドンキー、アンドリエッテ、ココロノアイ、キャットコイン、クイーンズリングから2頭か3頭に絞り、2、3着固定として流せばOKだ。あと、ココロノアイとドンキーはいつもセットだからこの2頭からも流しておこうかな……。

タグ:GT 阪神 桜花賞
posted by 白馬の王子 at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果