最近の記事

中山11R第51回「スプリンターズステークス(GT)」の予想

秋のGTシリーズの開幕と同時に当ブログも久しぶりの更新となります。夏競馬は良かった、穴馬が良く来たので楽しかっただけに(収支はマイナスだが)豪華メンツの揃う中央場所に戻ってきたものの今までの感覚を思い出すのに四苦八苦、不振を極めています。休みボケみたいなものですかね。

さてさて、スプリンターズステークスの予想ですがレッドファルクスから行けば取れそうな気がします。でもそれだと見返りが少ないので、ここはシュウジ・ネロ・スノードラゴンのやけに人気の落ちている馬のワイドで遊ぼうかなと(特に期待しているのは、ネロ。思い切って逃げて欲しい)。

この三頭には共通点があります。それは去年のスプリンターステークスで4・5・6着と上位入賞していることです。それがなぜか今回は下から数えて一、二、三番人気なのです。

去年上位で今年も出走しているのは、勝った、レッドファルクスしかいないのに、です。ミッキーアイルもソルヴェイグもおりません。不利や何かがあったにせよ、レッツゴードンキ・ビッグアーサー・ダンスディレクターといった、今回も出走する面々はそろって下位に沈んでいるというのにです。

いやこれは買いたくなるでしょう。確かに似たようなレベルの馬たちがゴチャゴチャしています。特に短距離界において、アドマイヤムーン産駒の活躍が目覚ましい。そう言えばハクサンムーンもそうでしたよね。短い距離があっているのでしょう。

というわけで、上にあげた、人気はかなり落ちてしまったが元々は実力のある三頭からアドマイヤムーン産駒などに軽く流しておこうかな、今回はそれだけにしておこうかな、そんな魂胆です。

本日はスプリンターステークスが終わってもまだ大きなレースが行われます。サトノダイヤモンドが出走する、凱旋門賞ですね。こちらの予想もできたらするつもりです。


posted by 白馬の王子 at 15:30 | Comment(0) | 競馬予想と結果

阪神11R第58回「宝塚記念(GT)」予想大会

ここで私がキタサンを三連単の頭で買えばおそらく負けてしまうのだろう。

だからそれは皆のためにやめてあげる。ミッキークイーンにしてあげる。

宝塚記念は牝馬との相性が良く、特にディープ産駒の牝馬との相性が抜群である。前走のヴィクトリアマイルは不発に終わったが距離が短かったし、痛めていた患部を気にしていたらしい。今回は右回りでその心配はないようである。さらに阪神牝馬Sを見ても馬場的にも多少ちからのいる方が走る気を起こすようなので、今回はいろんな意味で買いである。
posted by 白馬の王子 at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

東京11R第67回「安田記念(GT)」予想大会

うーん、ちょっと難しい。最初はレッドファルクスから行こうと思っていたが、良馬場で距離も伸びる上に思ってたよりも人気になっているので不安になってきた。そこで抜擢したのが、サトノアラジンである。

京王杯はレッドファルクスに完敗したわけだが、あれは5カ月ぶりの実戦の上に重馬場で、良馬場でこそのこの馬にとって明らかに分が悪かった。去年の安田記念は僅差の4着で、最後のさいごにあのモーリスに迫ったほどの馬である。普通に一番つよい競馬を見せていた。いつも最後のさいごにやってきて差し届かないパターンが多いし、似たような差脚自慢の馬がそろっているのも気にかかるがそろそろ何かがハマって突き抜けてもおかしくはあるまい。前走からの伸びしろもあり、人気的にも美味しい。

怖いのはやはり先行馬である。去年の安田記念で逃げたロゴタイプみたいに行ったいったのパターンである。なのでそのロゴタイプに(さすがに今回はないだろうと思うが粘っこいからなぁ、、、)似たような名前と雰囲気を醸し出す、ロジチャリス、エアスピネルやブラックスピネル、イスラボニータなどとそう差のない競馬をしている、ヤングマンパワーの先行しそうな馬も押さえておきたい。大穴はディサイファとサンライズメジャーで。
posted by 白馬の王子 at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果