最近の記事

阪神11R第66回「阪神ジュベナイルフィリーズ」(GT)予想大会

うーん、ちょっと難しくて時間がありません。

ロカからでいいのかな。ロカから穴馬に流せばいいのかもしれないな。

気になる穴馬は、2番エフェクト、3番アルマオンディーナ、5番スマートプラネット、6番トーセンラークの内にひしめいている。この辺りを狙おうかな。1〜6番の三連複BOXも面白いかもしれない(外6頭もいいかも)。あとは、やや堅実に15番レオパルディナと17番ダノングラシアスの差し馬2頭からで。
タグ:GT 阪神JF 阪神
posted by 白馬の王子 at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

中京11R第15回「チャンピオンズカップ」(GT)予想大会

ちょっと予想が難しいですがこういう時はホッコータルマエなどとにかく安定感のある馬から行けばいいんじゃないかなと思っています。

特に気になるのは内のクリソライト、ナムラビクター、ワイドバッハ、グレープブランデー。この中からナムラ、バッハの二頭を抜擢、三連複の相手にクリソライト、ホッコータルマエを選び何頭かに流せばOKだ。

あとはGTで結果を残せる、実力馬たちからというわけで、ホッコータルマエ、ニホンピロアワーズ、ワンダーアキュートの三頭からの三連複でいいのではないかな。サンビスタやカゼノコも気になるのでワイドで流しておくかな。
posted by 白馬の王子 at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

東京11R第34回「ジャパンカップ」(GT)予想大会

じゃ、じゃぶじゃぶが止まらない。ジャパンネット銀行の競馬資金が尽きたため(今月は何度もつきているが)追加しにコンビニに走って来たところである。ここまで負債が膨らむと(ここだけの話、マイナス20万を越えてしまった)ジャパンカップでどうしても勝たなくてはならない(別にジャパンカップにこだわる必要はなく、他のレースでもいいのだがさっきまた減らしてしまった)。こうやって自分を追い込むのである、焦らせるのである、そうすると負ける、やっぱり負ける、それが競馬であり人生である。

今日は15時55分発走なのでいつもより余裕を持って挑むことができる。こいつはいい、せっかくのレースだ、じっくり考えないとな。豪華メンバーとかいっているが果たしてそうだろうか、とも思ってしまう。どいつもこいつもパッとしない。どうせ来てはくれないのだ、来てもどうせ変なやつが絡んでしまうのだ、どうせ当たらないのだ、どうせ私の人生は……なんてことを考えてしまう。キズナもいないし、シップもいない(東京はあれだし)、それにオルフェーブルのように抜けた存在がいないのである。それにどの馬にも不安材料があったりする。どう転ぶか分からないのである。

こういう時は前に付ける馬である。いつも言うように結局そうなのである。そうすっとジェンティルドンナやイスラボニータということになる(フェノーメノもここに入るかな、たぶん前めで勝負してきそうだから気になって来たぞ)。そこらを軸にするといいわけだ。といっても今回、私の頭のレーダー(鬼太郎のようなあれ)が反応するのはスピルバーグ、エピファネイア、ジャスタウェイの差し馬三頭。

スピルバーグの前走は強かった。最後まできっちり差し切ったことが大きい。止まっていればそれまでの馬だったがこいつはもしかすると、と思うところがあった。エピファは東京よりも京都や中山など直線短めの方がいい気がするが(東京だと最後甘くなる)休み明けにしては前走の伸びは良かった。ジャスタウェイはジェンティルをぶっちぎったレースが忘れられない。2400も問題ないと思う。どの馬も距離は問題ない、考えないでおこう。

今回はメンバーを絞ろう。ジャスタウェイ、ジェンティルドンナ、エピファネイア、ハープスター、デニムアンドルビー、イスラボニータ、ワンアンドオンリー、スピルバーグ、フェノーメノという名の知られた、メジャーどころの馬たち、これにヒットザターゲットを加えた全10頭(変なのが絡んでもおかしくはないが点数を減らしたい)。出走メンバーはこの10頭ということにすれば予想もしやすくなる。スピルバーグ、エピファネイアからこれらの馬に流せばまぁ一応、当たるんじゃないかな。
posted by 白馬の王子 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果