最近の記事

京都11R第74回「菊花賞(GT)」予想大会

昨日のリアルインパクトのことを引きずってしまい、予想に集中できない(なかなか寝付けなかったし途中で寒くて目が覚めた。そのせいもありやっぱり予想に集中できない。その日の体調は重要なんだ……)。

昨日の富士ステークス、リアルインパクトがどうにもこうにも怪しい、ここで来ると前日から睨んでいたんだ。でも、昨日は昼間からサイトをおいじりしていて、良い感じで夢中になってしまったのでいつの間にかレース発走直前に(その前のコウエイオトメも気になっていたがそれはまぁ仕方ないとスルーできた)……。

慌てて投票しようとするものの時すでに遅し(あぁ、私は何度こうした過ちを繰り返すのか!)。こうなったら沈んでくれるよな、リアルよ、と願うものの、思いの外、頑張りやがって……。しかも穴で狙っていた、シャイニープリンスまで来る始末……三連複で7万もつきやがった……。

一番人気のダノンシャークからいっても三連複で90倍以上、ついていたのだ。これに気付いておればすぐにいったさ。単勝20倍そこそこだったのでシャークからだとそこまでつかないだろう、なぁんて思い込んでしまったため、他に軸にできそうな馬たちを物色して時間を浪費したのがまずかった。リアルからワイドも買っておこうかと悩んだってのもある。

それよりもサイトをおいじりする前に、先にリアルからいってオッズはどのくらい付くのか調べておかなかったことを悔やんだ。気付いておれば、、シャークからでもあんなに付くだなんて気付いておれば喜び勇んで興奮しながら、それも失禁しそうになりながら購入したろうに。。

まぁいい、またチャンスは来る。それが今日かもしれないし別の日かもしれない。おそらく今日ではない、ずっと先のことだろう。それでもチャンスは来る。それを待ちわびて本当にその日はやって来るのだけれどもそれに気づかない、あるいは気付いても今日のようにやらかす、そうしたことを続けて、結局、チャンスをものに出来ずに死ぬ、それだけだ。

菊花賞はリアルインパクトのような、こいつだ、という馬はいない。まだ見つかっていない。でもきっといる。気づいていないだけ。7番アクションスター、こいつが気になる、思った以上に人気もなくて気になる。神戸新聞杯で本命にした馬。4着に善戦したのにこの人気、もっと人気すると思っていたのになぜにこんなにも人気がないのか、おかしすぎる。いくらなんでも18頭中18番人気て……、こいつは間違いない、間違いなく人気よりも上に来る。だからここは思い切ってアクションスターから行く。

あと気になる穴馬は13番ダービーフィズ、8番タモもベストプレイ、12番ナリタパイレーツ、16番アドマイヤスピカ、5番テイエムイナズマあたりか。どの馬も人気より上位に来れる力があると思っている。特に16番アドマイヤスピカが怪しい、休み明けのセントライトで0.1差の3着、勝った4番人気のユールシンキングに比べて人気がなさすぎる、また、父キンカメの馬は重馬場で激走することがあるので注意だ。
タグ:京都 GT 菊花賞
posted by 白馬の王子 at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

京都11R第18回「秋華賞(GT)」予想大会

スマートレイアーって急に出てきていきなり1番人気て(現在は2番人気)怪しすぎる、などと思うがこういうなぜか人気になる馬はけっこう来たりするものだから困りものだ。

それにこうして書いていて気付いたのだが昨日の夜というか今日の朝、夢にスマートフォンが出てきたのである。

あれはdocomoショップだろうか、とにかく携帯ショップの床に自分のスマホをわざと置いて、店員のお姉さんがどうするのか反応を見るというよくわからない夢だったが、そのスマホがいつの間にかなくなっていて、どうしよう勝手に使われてしまう、出会い系サイトとかも利用しているってバレてしまう、とパニック、そのまま目が覚めて、急いで机の上を確認するとちゃんとスマホがあって夢でよかった、とこうなったのだが、もしかするとこれは神のお告げなのかもしれない。どうやらスマートレイアーが来る、人気通りに。

相手は2番シャトーブランシュ、5番セキショウ、6番ウリウリの内にいる3頭(3番のティアーモも本当を入れたい、9番ノボリディアーナも気になってきたヤバい)。こいつらと手を組ませて三連複で流しておけばOKだ。外枠は怪しいから紐でいい、デニムアンドルビーやメイショウマンボが来たら仕方がない、そういう買い方で。
タグ:秋華賞 京都 GT
posted by 白馬の王子 at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

中山11R第47回「スプリンターズステークス」(GT)予想大会

フォーエバーマークとハクサンムーンがフラワーパークとエイシンワシントンのように2頭並んで叩き合い!いったいったのそのままでフィナーレ!

巷では、2頭の激しい先行争いで、自然、ハイペースになると言われているがそういう時に限って意外とペースが落ち着いたりするもの。ここはハクサンがすんなり逃げて、フォーエバーマークが譲らないと見せかけてのその後ろについてハクサンをゆったりとしかし最後まで執拗にマークし続ける、という展開に賭けてみたい。

フォーエバーマークが意外とそれほど人気がないのも気になる。アイビスサマーダッシュでハクサンムーンに粘っこく最後まで食らいつき続けたほどの根性を見せた馬である。そのハクサンムーンの人気とここまで差がついちゃうか!?(他にも力差はないのにオッズに開きがある馬が多いため、ついいろいろ手を出してしまいそうになるレースだ)ここ大一番でもやってくれよう。

さて、絶対王者のロードカナロワだが、同じ相手に二度は負けらないというプライドがあるだけに、早めに仕掛けてくるはず。しかし意外と苦しくなっちゃうんだな。なんせ二頭が競り合うのだから最後のさいごまで……。そしてカナロワではなく、なんか一頭、脚をためていた大穴馬が絡んでの大万馬券(できたらシルクフォーチュンやアウトラクトールあたりが嬉しいがなくはない。二頭ともオッズのわりには来てもおかしくはない力を持っている)。そういうレースに期待する。

あるいはまたカナロアがテイエムオペラオー、ドリームバレンチノがメイショウドトウのような関係であり、ついにここで破っちゃう、みたいな展開も抑えておきたい。
posted by 白馬の王子 at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果