最近の記事

中山11R第47回「スプリンターズステークス」(GT)予想大会

フォーエバーマークとハクサンムーンがフラワーパークとエイシンワシントンのように2頭並んで叩き合い!いったいったのそのままでフィナーレ!

巷では、2頭の激しい先行争いで、自然、ハイペースになると言われているがそういう時に限って意外とペースが落ち着いたりするもの。ここはハクサンがすんなり逃げて、フォーエバーマークが譲らないと見せかけてのその後ろについてハクサンをゆったりとしかし最後まで執拗にマークし続ける、という展開に賭けてみたい。

フォーエバーマークが意外とそれほど人気がないのも気になる。アイビスサマーダッシュでハクサンムーンに粘っこく最後まで食らいつき続けたほどの根性を見せた馬である。そのハクサンムーンの人気とここまで差がついちゃうか!?(他にも力差はないのにオッズに開きがある馬が多いため、ついいろいろ手を出してしまいそうになるレースだ)ここ大一番でもやってくれよう。

さて、絶対王者のロードカナロワだが、同じ相手に二度は負けらないというプライドがあるだけに、早めに仕掛けてくるはず。しかし意外と苦しくなっちゃうんだな。なんせ二頭が競り合うのだから最後のさいごまで……。そしてカナロワではなく、なんか一頭、脚をためていた大穴馬が絡んでの大万馬券(できたらシルクフォーチュンやアウトラクトールあたりが嬉しいがなくはない。二頭ともオッズのわりには来てもおかしくはない力を持っている)。そういうレースに期待する。

あるいはまたカナロアがテイエムオペラオー、ドリームバレンチノがメイショウドトウのような関係であり、ついにここで破っちゃう、みたいな展開も抑えておきたい。
posted by 白馬の王子 at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

阪神11R第54回「宝塚記念」(GT)予想大会

主役のオルフェーヴルがいなくなって一気にテンションが下がってしまった(リアル労働でもいろいろあってあそこが縮みっぱなしで今週は精神的にまいっている。かなり沈んでいた。私はただでさえ浮き沈みが激しいのである。だから頻繁に更新するブログは向いていない、競馬は週末しかないのでどうにか続けているのである)今年の宝塚記念。

頭数もたった11頭って。寂しい、さみしすぎる、恋人もいないんだ、いたことがないんだ未だかつて。このままでは甥っ子に先こされてしまう。大きくなったらねぇねぇおじちゃんはなんで結婚しないの?というか彼女いないの?なんでずっとバイトなの?とかなんとか言われてしまいそうだ。ま、いまの時代、結婚しない人も多いし、非正規も多いからまぁいっかとも思ってはいるがはてさて私の未来はいったいどうなってしまうのだろう。

閑話休題。そうそう、こういう少頭数は荒れることが多い傾向にあります。4強が3強に減ってどうなるか、はてさて私の未来同様、さっぱりわからないし(いや私の未来は悲しい哉、あまり考えなくてもだいたい分かってしまうが…普通にいけばやばいのは間違いない、いまもやばいが、、どうにかしないとそうだ競馬で……こうした思考がいけないのだろう。もっとネット収入を頑張らないとな、、しかし最近なにもできていない、なんとかしないと……)いつも分からないのに競馬予想ブログをたちあげ身分不相応にも競馬予想を記し続けているのが私だ。

3強に迫れそうなのは普通に考えて6番トーセンラーなのだけれども、ここで狙いたいのは1番ヒットザターゲットと5番シルポーちゃん、7番スマートギア、9番ローゼンケーニッヒあたりか。3強中2頭を選ぶとするのなら3番フェノーメノと10番ゴールドシップのステイ産駒、この2頭の三連単でジェンティルが来たら仕方がないという買い方で…あぁくそせっかく狙っていたマカニビスティが来たのに(頭でいこうとすら思ったくらい)相手もエアハリファなのになんで3着にさらに人気のないメダリアビートなんかきちゃうかなぁ、、ハナズゴールも負けちゃったし、、はてさて同期入社のOLジェンティルドンナさんの結果はいかに!?
posted by 白馬の王子 at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

東京11R第63回「安田記念」(GT)予想大会

ぐぬぬ、難解である。またしても難解の一言。ダイワメジャー産駒2頭から行けばいいんじゃなかろうか、それともやはりカナロアが強くて相手はボスというのありえる(グランプリボスは本物の親玉を連れてくる馬だから…)、中距離で活躍しているショウナンマイティかダークシャドウもしくは両方が絡んできたっておかしくはないし京王杯組から1頭、ヴィクトリアマイルから1頭、その他の路線から1頭、そういう買い方だってできる。

サダムパテックも怪しいよなぁ、前走も5ヶ月ぶりにしてはそう悪くはない内容だし、武さんがまたしでかすんじゃないか、そんな気配すらする。WIN5の1レース目ではダノンジェラートがもの凄い脚でやってきて完勝。このことから最後もダノンで、ダノンシャークで締めくくる、という流れもおかしくはない。こういう善戦マンが絡んできたりするものだ、ハマれば一発の力はある。人気薄のディープ産駒は勝っておけの法則が発動するかもな。

三連単はそうだな、1番カレンブラックヒルと2番ショウナンマイティ、7番グランプリボスと10番ロードカナロアから、、いいやもうカレンちゃんを軸で行こうかな、1,2着固定で、グラプリ、マッジョーレ辺りを相手に…カナロアは1,600に延びるだけじゃなく直線の長い東京コースってのがやはり厳しいのではないかと思えてくるし。三連複は16番ダノンシャークを狙って1番カレンブラックヒル、17番ダイワマッジョーレ、18番サダムパテックの3頭を軸に流そうかな。
posted by 白馬の王子 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果