最近の記事

中京11R「第43回高松宮記念(GT)」予想大会

じゃぶじゃぶが止まりません。順調に膨大なマイナス、過去最高赤字を記録しています(年間20万と決めているのですがもう倍以上になっています)。止まりません、止められません。もうどうしようもありません。

ここは逃げ馬のワイドで逃げようかと、そんなせこい考えでいています。
けれども大きな配当が欲しいというよく失敗するパターンです。

狙いたい穴馬は13番ハクサンムーン、14番メモリアルイヤー、16番アイラブリリという超豪華にしてかなり人気薄の逃げ馬トリオと(どれも単勝100倍以上→ハクサンはいつの間にか70倍程度になっている)、4番スギノエンデバー、17番ダッシャーボーボーのこれまた人気の落ちているサクラバクシンオーコンビ。あとは1番アドマイヤセプターと7番ツルマルレオンの侮れないコンビです(特にツルマルが気になるな、もっと人気すると思っていたが)。ここらでちょちょいと遊んでみたい考えです。
posted by 白馬の王子 at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

東京11R「第30回フェブラリーステークス」

フェブラリーSはエーシンウェズンで一発逆転を狙う、の巻
今年初GTにして今年最後の競馬予想になってしまうかもしれません。
もう今年、賭けていいだけの資金を全て使い果たしてしまったわけで……(ま、GTだけはちょこっとだけ買うかもしれませんが、あとWIN5をちょこっと……)。

最後は思い切っていこうというわけで人気のない馬、それでいて来てもおかしくはない爆穴馬からいこうと思います。

本命は13番エーシンウェズン。この馬、力はある。前走は窮屈な競馬になってしまったがこの大舞台では先行して早めに抜け出すような競馬をして欲しいところ。こいつと心中することに決めた、昨日から決めていた。あとはズンつながりでセイクリムズンもワイドでおさえていきたい。

ウェズンの相手はガンジス、イジゲン、テスタマッタ、シルクフォーチュン、、、どの馬にするか非常に悩む。他にもナムラのタイタンにエスポワールシチー、初めてダートに参戦する(しかもいきなりGT)カレンブラックヒル、ワンダーアキュートなど気になる馬はいるが、ここは無難にフォーチュンにしておこうかな。
posted by 白馬の王子 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

中山10R第57回「有馬記念(GT)」予想大会

今年の有馬はゴールドシップで決まり
有馬記念で勝つ馬のパターンはだいたい決まっている。差し、追い込みには厳しい。だいたい早め先行でそのまま押し切るパターンばかりである。マツリダゴッホしかりダイワスカーレットしかりディープをやぶったハーツクライにしてもそうだしブエナをやぶったヴィクトワールピサもそうシンボリクリスエスだって。差しで勝った馬はディープとオルフェくらいじゃないか?

ってことはもうこりゃ勝つのはゴールドシップしかおりまへんやん?乗り役さんかて伝説のレースにしたい、と言うてます。もう勝ちは確定ですやん?今年は私もゴールドシップをずっと追いかけ、応援してきた。はやくからこの馬がクラシック候補だと、もしかすると三冠するんじゃないかとくらい思っていた。オルフェ、ジェンティルの回避は残念だけどまだゴールドシップの強さに半信半疑の人も多い、ここで最後にもの凄い強さを見せてほしい。

というわけで三連単の頭に13番ゴールドシップ。でも相手選びが難しいんだ、2番エイシンフラッシュ、3番スカイディグニティ、9番ルーラーシップ、10番ダークシャドウ、14番ビートブラック、16番ルルーシュ。候補としては6頭いる(特に気になるのはルルーシュ、タイキブリザードが2着した時よりもいい、と藤沢調教師が言っているくらいだから勝負になるのだろう。それに前走が強かった)。

この中から2,3頭選んで流すかあるいはもうこの6頭でいいんじゃないか、あ、2年連続3着のトゥザグローリーもおさえておきたいよな(あ、あとトレイルも中山コースで、ルルーシュ同様ゼンノロブロイってところが気になるな。ロブロイも有馬勝ってるし)。とにかく今年最後はゴールドシップと心中、思いっきり応援したい。
posted by 白馬の王子 at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果