最近の記事

東京11R第8回「ヴィクトリアマイルGT」予想大会

これまた難解なレース。ちょっとやそっとで解けそうもない難解な問題だ、こんな時、はらたいらさんがいてくれれば…。

内枠に気になる、そして力のある馬がそろった気がする。非常に調子の良くどんなレース、どんな人気でもよく絡んでくる、マイネル軍団から1番マイネイサベル、あのウオッカと同じタニノギムレットを父に持つ、本来ならば東京コースの向きそうな2番オールザットジャズ、前走で復活の気配を見せた、あのブエナビスタの妹で父ディープインパクトの3番ジョワドヴィーヴル、チューリップ賞ではさきほどのジョワドにあのジェンティルドンナをも千切りすてた驚くべき能力、瞬発力を持つ、私の大好きなハナズゴール(父オレハマッテルゼ)。

この4頭からいけばいんではないか、とおもわれる。穴馬に6歳になって急上昇、牝馬では侮れないクロフネ産駒のザッハトルテ、こちらもクロフネ、一応、ヴィクトリアマイルを勝っているがもうピークを過ぎたのか元気も人気もない8番ホエールキャプチャ、こちらも力もあるだけに怪しい9番アイムユアーズ。12番ゴールデングローブ、13番レインボーダリア、15番フミノイマージンに18番エーシンメンフィスかて…どうやら穴馬は外に集まっているようである。アロマティコも気になるんだよなぁ…こいつを軸でいいかも、なんて気がしてきた。こいつを軸で上の内4頭…どうじゃろ?アロマティコが絡むだけで三連複、57倍…これて美味しいんじゃないか?
posted by 白馬の王子 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

東京11R第18回「NHKマイルカップGT」予想大会

人気どころが怪しい雰囲気で、荒れそうな気配が漂うがそういう時は荒れないの法則が発動するのかもしれない。普通に15番エーシントップが来ちゃうのかも……。

来たらきたで仕方がないという予想で、ここは、紅一点、牝馬の14番ローガンサファイアを狙ってみたい。

ラインクラフトとデアリングハートを筆頭に、シーキングザパール、ピンクカメオなど牝馬がよく絡んでくるレースのように思えるのと、前々から名前、雰囲気的に華やかさと力はあるものの……と思っていたからである。前走のように足をためればハジケルかも、その可能性にも賭けてみたい。

相手に同じダメジャー産駒の9番コパノリチャード、10番ガイヤースヴェルト、12番フロムドグロワール、クロフネ産駒17番インパルスヒーロー。このあたりと手を組ませて三連複で流せばオッケイだ。
posted by 白馬の王子 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

京都11R第147回「天皇賞(春)GT」予想大会

ゴーちゃんを応援したい、そう思ってしまう。好きな馬は贔屓してしまうものだ。私情を挟んではいけない。どれほど思い入れのある馬であれシビアにいかなくては勝てない、それが競馬である。

あのオルフェーヴルはどうだったか、同じく舞台は春の天皇賞、断然の一番人気。ほとんどの人がオルフェが勝つことを信じて疑わなかった。しかし結果は……。ま、あれは前走の反動が出たのと展開的にも苦しくなったってのもあろう。けれどもゴーちゃん、いいやゴールドシップだってスムーズにあがってこれるのかどうか、、まぁ京都の下り坂を利用して押し上げやすそうっちゃそうだが今の馬場的に前が止まらずオルフェみたくおいつけずに金色の船が沈んじゃうなんて場面も考えられないこともなくてアソコが縮む(そのようなことはゴーちゃんにあってはならないことだしありえないことだとは思いますが)。

それでもここはゴーちゃんいいやゴールドシップでいい、相手も同じステイ産駒のフェノーメノ。こやつのことはそれほど評価していたわけではない。しかし前走の走りっぷりに重厚な体つきを見てこやつやりおるわ、こやつが春天に出てきたらゴールドシップの強敵になりうる、そう思った。

距離がどうのこうのいわれているがそういう時は大丈夫、ヒルノダムールかて長距離のイメージはなかったが勝っちゃった。名前的にも雰囲気的にもフェノーメノと被る点もありえはしまいか。それにフェノーは実際にゴールドシップに勝っている点も大きい。さらにスカイディグニティと対戦しどちらも0.2,0.3秒差でそれぞれ勝っている、勝負にならないわけがなかろう。

馬券は三連単1,2着にゴールドシップとフェノーメノ。相手はアドマイヤラクティだけでいいかもしれんとほどに思う。アドマイヤは春天でよく絡むイメージだからだ。アドマイヤモナーク、アドマイヤジュピタ。。そしてこのアドマイヤラクティである。実に、実に絡みそうな雰囲気ではないか。

それから三連複。こちらはちょっと遊んでみたい。軸にフェノーメノと外枠の馬達、15番カポーティスター、16番トウカイパラダイス、17番レッドデイヴィス、18番ムスカテール。ここからそうだな、2頭選び、流そうかと思う。カポーティとムスカは同じくらいの強さだからこの2頭がいいかもな。日経賞のまんまなんてこともありえなくはない(産経大阪杯からヒルノダムールとエイシンフラッシュがそろってやってきたように)。パラダイスも残っちゃいそうで怖いんだ。ま、ゴールドシップが一気に先頭に来たら前にいる馬たちには苦しくなってしまうが……(そうあってほしい、一気に飲み込んでほしい、そしてちぎってほしい。宝塚でオルフェ、ジェンティルが待っている)。
posted by 白馬の王子 at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果