最近の記事

京都11R第37回「エリザベス女王杯(GT)」予想大会


ここは内枠からいっちゃうか、そう思った。1番マイネイサベル、2番アカンサス、3番スマートシルエットからである(外の馬、14番マイネオーチャード、15番レインボーダリア、16番ラシンティランテからいってみても面白いのでおすすめです。ただ京都はよく内枠の馬が来たりするので、そこにある程度、力のある馬が入ったら行かなくては損でしょう)。

1番マイネイサベルはこの大舞台での末脚炸裂に(また前走いちおう1着なのにこの人気は…)、2番アカンサスはまくって先頭に立っての粘り腰に(名前もいい、そろそろ何かしでかすのではそんな予感もするぞ。しかも前走、あのリルダヴァルを競り落としているのである。スムーズに気分よくいければこの馬、かなり強いのである)、3番スマートは逃げ粘りに、それぞれ期待したい。

穴馬は9番クリスマスキャロル。超大穴に4番メルヴェイユドール。あと気になるのは10番オールザットジャズか。三連単なら普通に11番ホエールキャプチャ、12番ヴィルシーナの1、2着流しでよいのかな、なんて思う(ピクシーとヴィルのディープディープも気になる組み合わせ)。応援しているのは7番フミノイマージンです。

相変わらず今日も絞れずにすみません。とにかく内、1,2,3です、そこんとこよろしくお願いします。
posted by 白馬の王子 at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

東京11R「第146回 天皇賞秋(GT)」大予想大会

ここはジャスタがウェイするかトランスがワープするかどちらか

そんな予感がする。名前的にも穴馬的にもいかにも絡んで来そうじゃないか。もちろんそれだけでなくジャスタウェイの前走、毎日王冠の脚はなかなかの切れっぷりだったし(距離が伸びてもよさそうなんだ)、トランスワープも脚質転向がうまくいったようで(先行から差し)前走はなかなか強いところ、こいつは力あるな、というところを見せてくれた(しかもその時、破った2着馬は毎日王冠3着のタッチーノット)。レース展開を問わないところも買いである(年齢は気にしなくていい、チンポがなくてもだ)。

しかし相手が難しいんだな、候補としては4番フェノーメノ、6番ルーラーシップ、13番ダークシャドウでいいかと思うがせめて2頭にしなくてはな。去年のようにシルポーちゃんがぶっ飛ばすと、スローが得意の5歳勢(ダークシャドウは展開問わず)には厳しくなるから悩む。そこまで速くならなければ普通にルーラーでいいとは思うが…。まぁもう少し考えてみるよ。とりあえず上記3頭のどいつかと手を組ませることにするよ。それでは健闘を祈る!
posted by 白馬の王子 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

京都11R第73回「菊花賞(GT)」予想大会

さぁ、芦毛馬券の完成といこうか

ジェンティルドンナの秋華賞がジェンティルにとって通過点にすぎなかったように我らがゴールドシップの菊花賞とて通過点にすぎない。ゴールドシップはここを楽に通過、圧勝しそのままジャパンカップに出走しなければならない、そして三冠牝馬のジェンティルドンナ、昨年の三冠牡馬にして凱旋門賞2着のオルフェーヴル、そして幻の三冠馬(本来ならダービーも勝つ予定だったから)ゴールドシップ、夢の競演、最高のジャパンカップにしなければならない。ここを勝つのは宿命であり、負けられない、競馬ファンのためにも。

で、相手はどいつにするかというと同じ芦毛の18番トリップから行こうと思う(と、と、と、トリップって、ありえない、というのかい?私も若干、そう思う)。クロフネ産駒なので長距離がどうなのかな、と思うがこの馬は2000以上ばかりを走らせ、それなりの結果を出している上に、ダービーでも0.5秒差の7着なので大丈夫、それなりにやれる可能性がある。今回はこの可能性と芦毛にかけたい。あとはフジマサエンペラーも先行すれば面白いかも。三連単はシップ頭のベールド、ロードアクレイム、エタンダール、ダノンジェラード、スカイディグニティーのどいつかを2着固定にして流そうかな。
タグ:GT 京都 菊花賞
posted by 白馬の王子 at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果