最近の記事

東京11R第29回「フェブラリーS(GT)」予想大会

ひ、ひゃさぁしぶりいぃによ、予想をし、しゅますッ!

久しぶりすぎて、う、うまくしゃべれない、りょ、りょれちゅが回らない。こ、こりじゃ、あれだ、リアルと一緒だ、リアルと一緒でひきこもりすぎて久しぶりに外で話したらうまくしゃべれない時とまったく一緒じゃないか(そもそも声が出ない)。

予想できなかったのはあれだ、1月の成績が悪すぎてちびりそうで予想ブログどころではなくなってしまったからだ。マイナス12万いっちゃったんだからさ。

んで今月はそこそこ盛り返そうな気配で、昨日なんて、、あぁケイアイドウソジン!!!!わ、私のドウソジンちゃんが来てくれてさ、、なんだか知らないが彼が私を呼ぶのである、もうどうしようもなく呼ぶのである。あぁ、しかしなんでよりによってワイドだけッ、猫パンチも買ってたからそうなるんだ、あんなやつは用なしだったじゃないか、あぁ、ギュスターヴクライかスマートファルコンから三連複でいってたらなぁ、、そっから三連単ももしや・・・なんて・・・三連単で100万近くついたんだもんなぁあああ!きゃ、きゃねもちになれた、一発逆転やった、なのにワイドだけて・・・私もまさかなぁなんておもっとったからなぁ・・・でも妙な胸騒ぎと言うか、今思い返すと何か来る気配、絡んじゃう気配がほんたうにほんたうにあったんだよ。

前からいく、前からいって粘るような気がしてさぁ、、、ほ、ほんたうなんだ。。あぁあれを三連単でかっておればなぁ・・・そして今日もあれを思い出し、ついジャブジャブやってしまう始末。それならさぁああワイドだけじゃなくてせめて三連複だって一応、かっておけよな!そんな可能性の低いレースにかけるならさぁあ!くっそ、オースミイージーもエーシンハダルも狙ってた二頭がそろって4,5着かよ、くっそ。あぁケイアイドウソジンは人生最大のチャンスだった、もうあれほどのことはないだろう、ああしたチャンスを逃してはならないんだ、人生にもそうしたチャンスがあったはずさ、過去にもあったろう、なのにいつもなんでああああ!!


久しぶりのブログで取り乱してしまったようで、すみません。

ではフェブラリーステークスの予想です。本命は16番テスタマッタ。これに15番トランセンド、エスポワールシチー、ワンダーアキュートやらを絡ませてやればいんじゃなかろか?

テスタマッタって確かフェブラリー2着に入ったことがあったような気がするし、力はある。けれどもそこまで人気ないからね。あとアナ馬は1番ナイキマドリード、昨日のケイアイ道祖神つながりで6番ケイアイ天神も面白い。それからまた人気のない14番トウショウカズンあたりも狙ってみたい。セイクリムゾンかてまだ分からないしグランプリボスも気になるなぁ・・・。

また考えておくよ。

posted by 白馬の王子 at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

中山10R第56回「有馬記念(GT)」予想大会


9番オルフェーヴルを軸、頭、一着に1番ブエナビスタを二、三着固定の三連単で勝負!!

も〜それしかない、これっきゃない。オルフェとブエナを応援するのみ!

オルフェが負けたら泣いちゃうよ。たぶんに私情が入ってはいるものの、競馬士としてはいれちゃいけないそれが入っているものの、どちらも力ある。オルフェは抜け出す力ある、ブエナはどんな展開でも差してくる力がある。二強の場合はどちらかが沈む可能性が結構、高かったりするが今回はオルフェ、ブエナともに絶好調(特に後者はこの秋絶好の出来らしい)、ブエナが去年敗れたヴィクトワールピサは本調子じゃない、他の四歳馬にしてもイマイチ乗り切れない、トーセンジョーダン、アーネストリーはどちらもGTを今年初めてとったもののどことなく雰囲気が似ていてあっさり沈む可能性すらある、突き抜けるイメージはなく、あるのは残っちゃう可能性だけ!

そんな状態なら三冠オルフェ、最強牝馬ブエナがやってこれないわけがないじゃないか。

よ〜し、来いこいオルフェ、よ〜し差してこんかいブエナ、ブエナは前にいくな、前にいったらやられるぞ、怖いのはそこだけ。そして差してきてもオルフェは差すんじゃない、そこは手加減してやっておくれ、たのんだ、そして任せたぞ!!
posted by 白馬の王子 at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

中山11R「第63回朝日杯フューチャリティーステークス(GT)」予想大会


阪神9Rクリスマスキャロル賞はテイラーバートンが三着に残ってくれたため久しぶりに万券(7万)をゲット。これで幾分、余裕ができたぞ、しめしめ。しかし私の場合、いや多くの人間の場合、気持ちがゆるみすぎてレースに集中できなくなってしまう。そこに注意だ、もう一度、気持ちを高ぶらせて朝日杯に挑みたい。

本命◎はダローネガ。こないだダイワメジャー産駒はGTではいらないと記したがあれは牝馬であり牡馬だと分からない、ダイワメジャーのようなそこまで強烈なインパクトのなかった馬の場合、牡馬に活躍する馬がでてくる気配がする(強烈な馬な場合は牝馬である)。それにダメジャー産駒は東京などの直線の長いコースよりも中山との相性が良さそうなのと(大外なのはあれだが)この馬の名前、ダローネガがなぁ、金がねーだろ、に見えて仕方がなく、この馬自身が、なぁ金がねぇなら俺にのってみないか?と私に囁いてくるからである。それにまたどうも朝日フォーチャリティーを制しそうな雰囲気、名前の馬じゃないか?


相手はそうだなぁ、この相手えらびが難しいんだ。アドマイヤムーン産駒のどいつかが絡んでもおかしくないので(本日、同じコースと同距離で行われた新馬戦はダイワメジャーとアドマイヤムーンの子が絡んでいるのが怪しい。これはヒントかもしれん。朝日杯も同じ組み合わせかもしれんて)レオアクティヴ、トウケイヘイローからいくか、アルフレードとクラレントという相性の良さそうな名前をした二頭からいくか悩んでいるところ。

穴は前走、なかなか良さげな走りをみせたニンジャで(このニンジャと父サムライハートのローレルブレッドなんて相性よさそうじゃないか!)。
posted by 白馬の王子 at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果