最近の記事

東京11R第144回「天皇賞秋(GT)」予想大会


競馬に没頭、はずしまくっていたらこんな時間になってしまった(15時10分)。あぁ、くっそう、あの三連単おしかったなぁ、、とっていれば5万だったというのに、今日のメイン天皇賞の潤沢な資金ができたというのに、なぜあそこでもう一点、最後に押さえ、流しておけなかったのか、それに気づかなかったのか非常に悔やまれる。そしてそのままずるずるやってしまった。今日は天皇賞のみの予想にすることで今月マイナス2万までに抑えられると思ったらマイナス4万以上いきそうである。いいや、このままだともっといっちゃうだろう。

もうこうなったら天皇賞は去年のこのレースでもの凄い爆走を見せ、いいやあれは暴走だったのかもしれんが、とにかくブエナを一瞬しのぐほどの脚を見せたにもかかわらず内へもぐりこみすぎ、行き場がなく窮屈になって一気にヤル気を失い、そのまま後方に沈み15着に終わったと思ったら他の馬の進路妨害か何かで最下位に降着となった、我らが将軍ジャガーメイルしかないな、こいつの爆走にかけるしかないんじゃないか、と思われる。一人でテンションが上がって一人でしょぼくれて帰ってしまうような馬、こういう馬は人間にもいる。とにかくそうしたパワーが、弾けた一面が憎めないというか見逃せない。

ということで天皇賞はこの馬、ジャガーメイルに注目してみてはいかがでしょうか。
posted by 白馬の王子 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

京都11R第72回「菊花賞(GT)」予想大会


オルフェーヴルの三冠がかかるクラシック最後のGT、菊花賞。このレースをものにして私もGT三連勝といきたいところ。

とにかく力のある、抜けているといっても過言ではない二頭がそろって外枠になってしまった。この二頭からの三連単で間違いないと思っていたのだが、内の二頭、1番トーセンラーと5番フェイトフルウォーがどうにも気になる。なかなか侮れなさそうな二頭がそろって内枠をひいたところに運を感じるし、トーセンなど内をするすると抜け出して来そうな気配すら漂う。前走内容からフェイトフルウォーも力強く先頭にたってしまいそうな勢いである。

この二頭から13番ウインと14番オルフェの三連単、あとは三連複でいくつか流す。

そいでからあとはオルフェとウインからの三連単でいいだろう。相手は先ほどのトーセン、フェイトに、11番サダムパテック、17番フレールジャックあたりでいいと思うが、一応、穴馬も何頭か入れておくかな。それともこれら4頭に厚くいくかどうか迷うところである。
タグ:京都 GT 菊花賞
posted by 白馬の王子 at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

京都11R第16回「秋華賞(GT)」予想大会

時間が迫ってきたので慌てて更新しなくてはなるまい。

本命は1番キョウワジャンヌ。

思い切って7番のマイネソルシエールからいくか迷ったがこの馬は京都には向いていない気がしたので、直線に入る前におかれてしまいそうなので、京都の向いていそうな、そして確か父ハーツクライも京都コースがそこそこいけるクチだった気もするキョウワジャンヌを狙おうと思う。

陣営は距離を不安視しているようだが、それはそこさえクリアできれば充分、戦えるそんな自信の表れともとることができよう。内でオーラを消し、ひっそり待機しておれば最後は弾けてくれるはず。

相手は4番アヴェンチュラに12番ホエールキャプチャ、15番マイネイサベル。

ところで今、京都10Rで私の本命ギンザボザンナが沈んだところである。このペースなら今月はマイナス10万以上いってしまいそう。最近、じゃぶじゃぶと使っております。もう身の破滅であります。もういい、もういいんだ、どうなっても。

秋華賞よりも府中牝馬の方が強豪馬がそろって面白そうである。こちらにも手を出したくなる。きっと手を出すと思う。そして外す。あぁ今日も万単位で金が減っていく。やめたいのにやめられなくなっている。女遊びをしたいと思いつつ遊んでいない。競馬をしていなければ充分、楽しめたと思うのに。あぁ、もういい、もういいんです、ほっといてください。もうどうなってもいんだ。
タグ:京都 秋華賞 GT
posted by 白馬の王子 at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果