最近の記事

京都11R第36回「エリザベス女王杯(GT)」予想大会

はぁ、またやっちまった。せっかく先週、最後の最後で、今月プラス5万円にもってきたというのに、この余裕を大事にしようと今週はエリザベス女王杯、この1レースだけに集中しよう、と思ったのに、フラフラと競馬新聞を買いに行き、勝手に予想をはじめ、金をポイポイ捨て続けてはいつしかプラス5万あった貯金が、今、こうして書いている段階で、ほぼゼロに…。ってことは昨日、今日で5万ほどすってしまったってことか!?

信じられない、夢であってほしい、こんなことは。この現実を冷静に受け止めてしまえば月曜日、憂鬱すぎて自殺してしまう。いくら可憐な女子高生たち、もはやお姉さんと言えるような大人っぽい女子高生たちの姿をみたとしてもだ。あぁ、我慢しろ、ここは堪えるんだ、と言い聞かせてきたはずじゃないか、なのに勝手に、自分の意志とは逆に夢遊病者のようにいつしかパソコンの前へと座り、競馬新聞片手に金をジャブジャブとシャブって…。信じられない、夢であってほしい、こんな人生は。

といってもエリザベス女王杯の本命はすでに決まっていた。労働中にずっと考えていたのだが10番フミノイマージンは強いだろう、とあいつからでいいのではないか、と。けれども直前になって結構、狙っている人が多く悩んでしまう。結局、前残りでいいのではないか、などと。


確かブエナが出た時も逃げた二頭を捕まえきれず、残っちゃって大波乱なんてことがあったっけ。今回も差し馬に有力どころがひしめいているため、似たようなことが起こる可能性もある。


といってもレッドディザイアさんが鼻出血で回避、引退したため、代わりに同じマンハッタンカフェ産駒だのフミノが活躍するなんてシナリオも見逃せないところだ。

一応、予想としてはフミノから1番アヴェンチュラ、14番ダンシングレイン、18番スノーフェアリー絡みで流そうかな、などと考えている。ちょっと難解なレースなのでこういう時はダンシン、スノーの外国馬同士から流すのもいいかもしれない。

あとはワイドで、レインボーダリアとダンシングレインのレイン繋がり、そのあとスノー、雪が降ってのエリンコート、エアグルーブのグルヴェイグとオールジザットジャズにのってダンシングっていう踊って歌う音楽つながりも狙ってみたい。あとはアヴェンチュラ、アパパネ、アニメイトバイオのAAAつながりも抑えておきたいところ。
posted by 白馬の王子 at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

東京11R第144回「天皇賞秋(GT)」予想大会


競馬に没頭、はずしまくっていたらこんな時間になってしまった(15時10分)。あぁ、くっそう、あの三連単おしかったなぁ、、とっていれば5万だったというのに、今日のメイン天皇賞の潤沢な資金ができたというのに、なぜあそこでもう一点、最後に押さえ、流しておけなかったのか、それに気づかなかったのか非常に悔やまれる。そしてそのままずるずるやってしまった。今日は天皇賞のみの予想にすることで今月マイナス2万までに抑えられると思ったらマイナス4万以上いきそうである。いいや、このままだともっといっちゃうだろう。

もうこうなったら天皇賞は去年のこのレースでもの凄い爆走を見せ、いいやあれは暴走だったのかもしれんが、とにかくブエナを一瞬しのぐほどの脚を見せたにもかかわらず内へもぐりこみすぎ、行き場がなく窮屈になって一気にヤル気を失い、そのまま後方に沈み15着に終わったと思ったら他の馬の進路妨害か何かで最下位に降着となった、我らが将軍ジャガーメイルしかないな、こいつの爆走にかけるしかないんじゃないか、と思われる。一人でテンションが上がって一人でしょぼくれて帰ってしまうような馬、こういう馬は人間にもいる。とにかくそうしたパワーが、弾けた一面が憎めないというか見逃せない。

ということで天皇賞はこの馬、ジャガーメイルに注目してみてはいかがでしょうか。
posted by 白馬の王子 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

京都11R第72回「菊花賞(GT)」予想大会


オルフェーヴルの三冠がかかるクラシック最後のGT、菊花賞。このレースをものにして私もGT三連勝といきたいところ。

とにかく力のある、抜けているといっても過言ではない二頭がそろって外枠になってしまった。この二頭からの三連単で間違いないと思っていたのだが、内の二頭、1番トーセンラーと5番フェイトフルウォーがどうにも気になる。なかなか侮れなさそうな二頭がそろって内枠をひいたところに運を感じるし、トーセンなど内をするすると抜け出して来そうな気配すら漂う。前走内容からフェイトフルウォーも力強く先頭にたってしまいそうな勢いである。

この二頭から13番ウインと14番オルフェの三連単、あとは三連複でいくつか流す。

そいでからあとはオルフェとウインからの三連単でいいだろう。相手は先ほどのトーセン、フェイトに、11番サダムパテック、17番フレールジャックあたりでいいと思うが、一応、穴馬も何頭か入れておくかな。それともこれら4頭に厚くいくかどうか迷うところである。
タグ:京都 GT 菊花賞
posted by 白馬の王子 at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果