最近の記事

中山11R第45回「スプリンターズステークス(GT)」予想大会


最近の予想は絶不調に陥っています。まるで当たらない。どのように的中させていたのか、あの感覚、あの反応すら忘れてしまいました。今月もすでにマイナス2万円に突入しそうというかスプリンターズステークスを買えば突入、確定です。今月はまだ始まったばかり、2万までと決めているのですが、絶対また買っちゃうに決まっている。我慢できるもんですか。あぁ今月はいったいいくらのマイナスになってしまうのでしょう。

本日のスプリンターズステークスは海外からもはや怪物レベルのスプリンター、ロケットマン、他にもセントウルSで結果を出したラッキーナイン、同レース4着に入ったものの降着になってしまったがまだ充分に力のあるところを見せたグリーンバーディが参戦している。

これらの馬たちVS日本馬という図式、はからずも本日、ヒルノダムールとナカヤマフェスタが参戦する凱旋門賞のような形になっています。はたして日本馬たちはどこまで迫ることができるのでしょうか。

冒頭で述べたように最近、調子を落としています。何十連敗中であり、まるで当たっていないのが現状。そん中、GTシリーズが始まったわけです。ここから調子を上げていきたい、上げて生きて生きたい、人生を力強く、そう思っております。

気になる馬はズバリ、2番ケイアイアストン、3番パドトロワ、4番エーリジルの外国馬1番ラッキーナイン、5番ロケットマンに挟まれた3頭であります。

人気がないのでこっから狙っちゃうか、そう思っております。特に2番ケイアイアストンは父はあのキンシャサノ奇跡と同じフジキセキ、こりゃ怪しい、内で先行してそのまま、、こりゃありえちゃうでしょう。なのにこの人気は…こりゃ狙うしかないでしょう、そうでしょうとも。

3番パドトロワかて坂のあるコースは向いているらしいですし前走、僅差の3着にしては人気がない、また4番のエーシンリジルなど力はあるのになぜか人気を落としている、ここもねらい目でしょう。

こっからワイドで外国馬、ロケットマンとはあまりつかないのでスルーして、1番ラッキーナイン、16番グリーンバーディ、日本馬の大将、8番ダッシャーゴーゴー、1,200mそして中山が向いていそうなフィフスペトル、余裕があれば6番サンカルロに牝馬のカレンちゃん、エーシンヴァーゴウあたりに流しておけばよろしいでしょう。

三連複も余裕があれば買いたい。1番ラッキーナイン、2番ケイアイアストンからいっちゃうかな。それと外国馬を警戒してたら全部日本の馬だった場合を考慮して、6番サンカルロ、7番フィフスペトル、8番ダッシャーゴーゴーの三連複も買っておこうかな(これにカレンちゃんとエーシンリジル、エーシンヴァーゴーを加える程度でいいでしょう)。

GTですが今日はゆるーい気持ちで見守りとうございます。そして今夜の凱旋門賞をテレビでBS11で生観戦しようではありませんか!
posted by 白馬の王子 at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

阪神11R「第29回ローズステークスGU」&中山11R「セントライト記念GU」予想

昨日のセプテンバーSはしくったものだ。2番シセイカグヤと3番ロードバロックにびびっときたのだけど、この二頭どっちか絡むんじゃないの、特にシセイカグヤがそろそろ怪しいな、ここかな、ここなんじゃないの、とまで予想は進み、思い切ってドカーンといけばよかったものの、そこまでの確信はなく、先週の調子からも弱気になったため、とりあえず二頭からのワイドで流す程度にしてしまった。

こういう時に限って、二頭ともやって来るのである。穴の二頭が揃って仲良く。こりゃまいった。二着のボストンエンペラーとはワイドで買っていたが、二頭同士のペアでは買っちゃいない。このメンツだとどちらか一方だろうなんて思っていたためだ。最後の最後にボストンかボーダーレスどっちかは絶対にやって来るんじゃないかと思えたので、三連複で買えなくはなかった。特に1番のボストンとならいけた。馬番も1,2,3番で綺麗に決まったのだからね、あぁ口惜しいなぁ、三連単だと50万近くついたんだ、1,2,3でだぜ、くっそう。あぁ弱気にならずに思い切れていればなぁ、、流れが良ければ、先週、少しでもプラスになっておれば、余裕ができて買えたろうにな、、なんて思ったんだ。

そしてたぶん今日のレースではいっぱい買って負けちゃうんだろうな、そんなところだろう。そういう流れになっている。この流れを良くしていかなくてはならない。

ローズステークスはオークス上位馬たち(エリンコート、ホエールキャプチャ、マルセリーナ)がそろって出てくるがどうだろう、先週オークス2着だったピュアブリーゼもあっさり沈んだしそこまで信用ならんし、他の馬たちともそこまで差がないのでは、と思うのである。といってもどいつかは絡んできそうだが、しかしここは穴馬たちで遊ぶことにする。

1番リヴァーレ、2番キョウワジャンヌ、3番ハッピーグラス、4番マイネジャンヌ、5番ユースティティアの内枠の馬たちからワイドで流すかな。11番のマイネイサベルもオークス6着でそう差はなく、この距離なら怖い存在だと思うがそない人気がないので狙ってみたい一頭だ。マイネ、マイネ、ジャンヌ、ジャンヌのワイドも面白そうですね。

セントライト記念の方はどうか。こちらの方がよくわからん。混戦模様な気もする。つまりここも狙えるということである。狙いたい馬は4番ムスカテール、5番ラヴェルソナタ、7番ショウナンバーズ、10番ハーキュリーズ、12番ターゲットマシン、13番マイネルギブソン、15番マイネルメダリスト、16番トウシンイーグル、17番ロイヤルクレストなど簡単にあげてみただけでもうダメだと思う、こんなに気になる馬がいたら絞りきれずにダメだと思う。ま、こっから二、三頭選んでまたしてもワイドで遊ぼうかな、逃げようかな、そう思っています。
posted by 白馬の王子 at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
2011年06月26日

阪神11R第52回「宝塚記念GT」予想

先週も先々週もブログはお休みしていたがもちろん競馬は買った、休んじゃいない。しかもブログを執筆するよりも調子が良いのである。ブログを書かなくていい分、最後まで、レース直前までしっかり考えることができるのである。新聞と睨めっこなのである。他の要素など必要ないのである。新聞の情報だけでいい。外野の声など邪魔でしかない。己との対話である。競走馬のように自分自身と上手く折り合えた時こそ馬券は的中するのである。降りてくるのである、あの感覚がやってくるのである。そしてその微妙なところをどうにか掴もうと集中するのである、集中できたのである、当たったのである、大万馬券を競馬歴十数年にしてゲットしたのである。夏のボーナスを自分の力で得たのである。親にも会社にも頼らず自分の力だけでお金を獲得したとも言えよう。正社員になれないから仕方がない、自分の力でどうにかせねばならん、だからアフィリエイトと競馬を主軸において活動を続けているのである。

本日で熱かったGTシリーズも終了。なんだか寂しいのである。しかし夏競馬は夏競馬で楽しいからよし。何よりこの季節は夏服姿の女子高生に出会えるからテンションもあがってしまう。電車で見かけた、谷村美月似の女子高生はよろしかった。谷村美月はいまいちパッとしない印象だったが、美月似の彼女がすこぶるよろしいので、きっと本物の美月ちゃんは相当かわいいに違いない、と思えた。どうにかして彼女の向かいの席をゲットしたいな、と思う。しかし普段はやはり自分が座っている目の前に女子高生たちが立ってくれる方が嬉しい。彼女らをこのように下から眺められることなどそうない。まさに大迫力なのである。

ひきこもっていたらこうした機会を逃すことになって損だ。そもそも働かないこと自体、損でしかないのである。出会いもお金も自信も成長も、その他、もろもろセットなのである。よくやってしまう過ちだが、漠然と働くことそのものだけに目がいっていてはいけないのである。働くのはしんどいだけ、何も良いことはないと思っていては損なのである。ちゃんとした職場に入ることができたら得でしかない(私がしているのは労働だが)。そうしたところには綺麗な人も多く、なによりちゃんとお勉強やらを頑張ってきた真面目な人が多いのである。いろんなことをなぜかお金までもらいつつ経験できるし、居場所がある、行くところができることが大きい(通勤中にパンチラのハプニングにも会えたりする)。働けばそれだけで様々なメリットが発生するのである。働くのは嫌なことばかりと勝手な固定観念があるかもしれないが、実のところ良いことしかないのである(若いというそれだけで多くの人は中二病患者であり、芸能人などの影響をまともに受けてスーツ姿のリーマンがダサく思えたりするが実は恰好いいしお得でしかない)。家にばかりいれば最初はいいがだんだん飽きてくる、おまけに歳をとると苦痛でしかなくなってしまう。ま、それなりに環境の良い職場は新卒でなきゃ難しいが。

話が随分それた。私のようにならないようにと、若いひきこもりたちへのメッセージのようになった。さ、予想をはじめよう。最後のGTは宝塚記念である。

またまた内枠に良い馬が集った。今シーズンのGTはずっと内枠の馬が絡んでいる気がする。ここも内枠からでいいだろう。すなわち1番ナムラクレセント,2番アーネストリー,3番ルーラーシップ,4番エイシンフラッシュから流せばいいということ。相手もこれらの4頭に、8番ブエナビスタ、11番ダノンゴーゴーじゃなくてダノンヨーヨー、、くらいでいっか!?(ヨーヨーは宝塚に出走してくれれば面白いかもと思っていたのだ)。

外にいる馬は来ないのではないか、来るとすればブエナかヨーヨーくらいで、全部、内で決まるのではないか。14番トゥザグローリーは京都より阪神の方が得意っぽいし、騎手も福永くんというのが気になるが、前走の大敗は度外視してもちょっと使いすぎなのが気になる。それよりも13番トーセンジョーダンに16番のビートブラックでも買っておいた方がいいのではないだろうか。
posted by 白馬の王子 at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果