最近の記事

阪神11R「第59回阪神大賞典(GU)」&小倉11R「第59回中京記念(GV)」予想

どんな時だって馬は走る。先週はさすがに中止になってしまったが、今週は走る、走っている、月曜も走る。夢と希望を、そして復興支援金(JRAの売り上げの一部を被災地支援のために拠出)を乗せて馬は走る。いつものようにレースをする、そしていつものように私も予想する、予想し続ける、それが私にできること。

こうなったら(どうなっても、毎度のことだが)アナ馬から狙ってやる。そして大金を得たらもちろん募金する。お約束しよう。既にジャパンネット銀行をメインにポイントサイト経由でもちょこっとずつ募金しているが、先にしておいてよかった、と思う。なぜならこのように競馬であててそのお金を募金にあてようだなんて考えだと外れてしまえば一銭も寄付できないからだ。

しかし人のために頑張る、自分ではなく人のためを思って頑張ればなぜか程よく力が抜けて上手くいくことが多い。だから今回は当たるかもしれない。けれどもアナ狙いなのでよく分からない。先にアナ狙い宣言をしていると、アナからと決めてしまっているわけで、その時点で可能性が狭まる。アナが来なければお話にならんというわけだ。しかし何事にもリスクは必要、大きなものを得るためにはリスク覚悟でいかねばならない。ただ勝てる見込みのない勝負に出る必要はない。こやつなら期待できるかも、そういう馬を探す、それが私の仕事。

阪神大賞典は13番シグナリオからいっちゃう。こいつから4歳馬にワイドでちょろっと流す、それでおしまい。理由?そんな野暮なこと聞くんじゃない(それじゃ予想にならないから教えると私が良く使うカッコ内でこっそり教えるとシンプルでやって来そうな名前とここ最近のレースでは善戦しているしこのメンバーなら絡んでもおかしくはないと思ったからです)。

中京記念はこれまた不思議なことに13番になるが、マヤノライジンからいっちゃう。この馬は10歳だが最近の競馬は年齢だけでは消すことはできないし、最近の成績だってそう悪くはない。それに注目したいのは前々走の小倉記念で、このレースで0.3秒差の5着に入っている。人気のサンライズマックスとは着順では1着差、タイムでは0.1秒差なのである。これまた人気のバトルバニヤンはこのレース、タイム差なしの2着である。そしてこれまた人気のナリタクリスタルは1着と0.4秒差7着、マヤノに負けているのである。なのに、これらの馬とそう差はないのにかかわらず、人気では、大きく離されているのである。これは怪しい。12番バトルバニヤンと14番サンライズマックスの間に上手いこと挟まれた13番というのも怪しい。来る、来そうである、よだれがでる、もはや垂れちゃっている。

5番トゥニーポートもなんやかんやいって絡みそうで、粘りそうで怖い存在。保険としてこの馬からもワイドで流しておこうか。資金に余裕がある人はマヤノ-バトル、マヤノ-サンライズから三連複狙いがおすすめ。名前的にも雷、太陽と戦い、つまり自然との戦い、という今回の震災でのシグナリオが出ている。これは怪しい。こういう買い方、目の付け所は今回に限っては不謹慎に映るかもしれないが、怪しいには違いない(震災でどうにもならないからといってドモナラズを選択しないように。ま、今回被災にあわれた地域の方で競馬が出来るほど余裕のある人が自虐的に買うならいいでしょうが)。
posted by 白馬の王子 at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

【ダノンカモン】東京11R「フェブラリーステークス(GT)」予想大会【セイクリムゾン】

このレースはシンプルに攻める。シンプルイズベストが答えなのではないか。前走の根岸ステークスでダノンカモンとセイクリムゾンを見てこの二頭は強いと思った。ダノンカモンは武蔵野ステークスでジャパンカップダート2着に入ったグロリアスノアに0.1秒差2着に来ているのでジャパンカップダート王者のトランセンドともそう差はないと思われる。

なので根岸ステークス1、2のダノンカモンとセイクリムゾンから流すことに決めた。あとはアナ馬で楽しんでみたい。

狙いたいアナ馬は4頭いる。まずは、6番トランセンドと同じワイルドラッシュ産駒のクリールパッション。トランセンドが来てこの馬も紛れ込んじゃうというパターン、ありうると思います。ジャパンカップダートでもトランセンドと0.6秒差の6着なのである。今回は距離も1600でちょうどいいのではないかと思われる。人気もなく狙い目である。

次にダノンカモン、マチカネニホンバレと同じシンボリクリエス産駒のパワーストラグル。シンボリ産駒は芝GTではまだ結果を残していないがダートとなると違う。シンボリ軍団が上位独占、ありうると思います。またこのパワーストラグルは交流戦ではあるもののフリオーソなみにちぎっている実績もあるし、中央でもトランセンドに0.7秒差5着という成績を残している。叩き2戦目で抑えておきたい。

それから10番ダイシンオレンジ。父は芝でもダートでも活躍した、あのアグネスデジタル。しかもこの馬は平安ステークスでトランセンドを破っているのである。ジャパンカップダートでは敗れたもののその差は0.7秒である。しかも前走、平安Sは見事1着なのである。なのに人気がない。これはチャンスである。

最後にメイショウタメトモ。前走は大敗したものの、地方でのことなので参考にはならない。この馬もパワーストラグル同様、底を見せていない。この大舞台でどのようなレースをするか、できるのか愉しみでもある。
posted by 白馬の王子 at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

京都11R「第104回 京都記念(GU)」&東京11R「第45回 共同通信杯(GV)」予想

最近どうも調子が悪い。競馬予想はもともとそうだが日常生活にも支障をきたしてきている。どうもテンションが上がらない。ここのところずっと憂鬱な気分である。いつもなら気持ちが沈むことがあってもほっておいたら治ってくるのだが今回はそうではない。このままではマズイ。今日は当てる。今日こそ当てて気分を一新したい。どうにかして自分で変えていかねばなるまい。このまま沈むわけにはいかないのだ。生きていかなくてはならないのだから。マイナス感情は余計にマイナスなことを生み出してしまう。気持ちが沈めば他にも影響を与える。この連鎖を阻止しなくてはなるまい。気分転換の意味でも今日も競馬に挑む。

京都11R京都記念の本命は1番オーケンブルースリ。前走、有馬記念では無理に前へいったため無様な結果に終わったが今回は正攻法でやってくれることだろう。自分の競馬に徹すれば結果は付いてくる。このブルースリと2番トゥザグローリー、4番ダノンシャンティ(余裕があれば5番メイショウベルーガも)から三連複流しで決める。

東京11R共同通信杯は9番ビッグロマンスと10番ロビンフットで遊んでみるか。前者、ビッグロマンスの父、グラスワンダー産駒は東京コースとの相性がよく2,3着に残ったりすることがあるので注意したいところだし、後者、ロビンフットも東京では良い脚を使っている。それに彼はまだ底を見せていない気がする。この少頭数ならその本来の力を見せ付けることができそうだ。

posted by 白馬の王子 at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果