最近の記事

中山11R「第44回 スプリンターズステークス(GT)」予想大会

昨日は久方ぶりに万馬券をとることができた。やはり馬券はワイドではなく、三連複で勝負しなければならない、そう思った。私の実力では万馬券をそうそう獲ることができないので、このせっかく手にしたお金、大事に使いたいものだ、と守りに入ってしまう自分がいる。しかしそれでいいのだ。なんでもかんでも手を出してカネをじりじりとなくしていくよりは、じっと我慢、そう、その時期が来るまで、その時、その瞬間、ここぞという時にのみ賭けるのが本当なのだろう。それさえできたら競馬でそう損などしない。だがしかしそれが一番難しいのだが・・・。

今日は凱旋門賞も行われる。スプリンターで勝って、気分よくというか、競馬場でかわいいギャルのまさかのパンチラを目撃ドキュンし、肝心の予想が疎かになってしまう時のように(そう、もう競馬予想などそんなちっぽけなことなどどうでもよくなって。まぁ、実際はパンチラかてちっぽけなことなのだが)鼻息あらく、何もかも、あぁ今の自分の状況、ワーキングプア、悲惨な貯金、衰えた容姿、成長しない内面、将来のこと、などなど全てを忘れ、忘れさせてくれ、ただただ夢中になって観戦したいものだ(あぁ、ヴィクトワールピサ、ナカヤマフェスタちゃんがんばれッ!)

けれども今のところ答えはまだ降りてきてはいない。というかこの調子だと降りて来そうもないぞ。こういう時に一番いいのは、冒頭で述べたように無理をせず、賭けないことだ。大人しく体育すわりでレースを見ているだけでいい。たとえGTといえども100円とてかけないことなのだ。それに先ほど行われたレースで(阪神9R)すでに損失を出しているのだ。これ以上、万馬券で得た金を無駄にしてはならない。この大切な資金を・・・。

よ〜し、それじゃ思い切った予想でいこう。サクラバクシンオー産駒は何頭か出ているが、無視だ、外しだ。これだけでだいぶ頭数が減り予想がしやすくなるぞ。そもそも彼らは、GTになると苦しいのである。少なくとも1着はないのである(あぁ私は大きなことをいってしまったものだ。しかし1着はないだろう、うん大丈夫、GTという強豪馬の出てくるレースだとバクシンオー産駒は苦しくなる、最後は息切れである。なので1着はない。良くて3着だ)。

長期休み明けの強豪馬、キンシャサノキセキ、ファイングレイン、プレミアムボックスも気になるが、ここはパスだ、スルーだ(ファインとプレミアムは倍率的にも手を出したくなる、ワイドで買いたくなってしまうが)。あとマルカフェニックス、ウエスタンビーナス、アイルラヴァゲインあたりも消そう。

そうすると残ったのは、3番サンカルロ、5番ビービーガルダン、6番グリーンバーディ、7番ウルトラファンタジー、8番ワンカラット、9番ローレルゲレイロ、15番ジェイケイセラヴィの7頭だけになる(やっぱりキンシャサも入れておこうか?)。

この中から軸馬を選ぶとすれば、無難に5番ビーガルことビービーガルダンからでいいのではないだろうか。安定しているし、中山が得意だからだ。それにもうそろそろ、、、いいのでは、と思う。

彼からワンカラット、ローレルゲレイロでいいのでは、と思う。とても安易な予想だが、それでいいのでは、と思う。ビーガル・ワンカラット、ビーガル・ローレルゲレイロ、もしくは香港馬二頭を選び、ビーガル・グリーンバーディ、ビーガル・ウルトラファンタジーという素敵な名前の馬から二点、三連複流しですんなりいけるのでは、と思ってしまう。思い切ってグリーンバーディ・ウルトラファンタジー香港馬二頭からの三連複流しも面白いかもしれん。
posted by 白馬の王子 at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
2010年09月26日

阪神10R「第58回神戸新聞杯(GU)」&中山11R「第56回オールカマー(GU)」予想と結果速報

最近やけにペニーオークションサイトが増えている。ネット大手のDMMが参戦してきた時点でそれが一体どういう性質を持つものなのか、おおよそ検討はつくだろう。私が愛し、今までお世話になってきた、そしてこれからも、たとえお世話になりたくはなくとも、ついなってしまう可能性のすこぶる高いDMMは人の欲望に付け込むのが、人の弱みに付け込むのが(言い換えれば人の欲望をくすぐるのが、そうしたサービスをどうぞとばかりに用意するのが)もともと上手い企業なのだから・・・(アダルトビデオ、ライブチャット、FX、そしてこのペニーオークション)。

そうこのオークションは落札価格が定価よりもかなり安く、一見おいしそうに思えるのだが、入札のたびに手数料を70円ほど払わなければならないという仕組みになっている。それでも落札された商品を見るとそれらを含めても定価の70%オフ90%オフやらになっているのでやはりおいしいのでは、と思ってしまうのだが、落札した人の名前を見ると前回と同じ、すなわちここの常連だったりするのである(多くの商品が見たことのある名前に落とされている)。つまり資金力にものを言わせ、転売目的などで買っていたりするのである(本当にその商品を欲しい人が買えないだなんて!)。

そもそも、このご時勢、そんな簡単に安くで買えるわけがないのである。こんなものにひっかかってはいけない。ペニーオークションなるものは、ギャンブル性が強く、実際にやってみるとショッピングや他のオークションとはまた違う(商品は中古じゃなく新品なのである)、ハラハラドキドキワクワク感を感じ、つい、のめり込んでしまいがちだが(ライバルのいない時間帯を研究していくのも手だとは思う。つまりデイトレードなどと同様、ニートやひきこもりなど時間に余裕のある人に有利なのではとも思うが)、結局のところ、このように金を持っているやつに有利な仕組みになっているのだ。

そんなもんまるで今の中国のようなものだ。力があるから、力を持っているからといってなんでもやりたい放題なんだ。結局、力こそ全てなのか、カネや権力こそが・・・。そんなのって悲しい。けれども恐らくそう思うからこそ真実なのだろう。この世はもともと理不尽なものなのだから・・・。

予想を記そうと思っていたら急に眠気を感じ、ベットに寝転ぶや否や眠ってしまった。そして今、起きた。今、起きてペニーオークションについて、カネがないものだから、いささか不機嫌な気持ちで書いてしまった。

さぁ、ペニーオークションでデジカメを落とすためにも、予想を一応、記しておこう!(え、なになんなの!?ペニーオークションなんてもうこりごりなんじゃないの!?もう手を出さないんじゃなかったの!?意味わかんない!)。まぁ、もう時間がないので書いている途中におそらく阪神の神戸新聞杯の結果は出てしまうだろうが・・・。

その神戸新聞杯は前残りを目論み、上り馬の1番ビッグウィークと12番ステイゴールド産駒マイネルゴルトから三連複にしようと思っている。それから7番マストハブからのワイド。理由はこいつでもそこそこ勝負できるのでは、と思うのと、名前がいいからだ。

と書いているうちに結果が出た。なるほど、そういうことか。しかしなかなか楽しめたな。もう面倒くさいのでここに結果を追記しておこう(いったん記事を書き上げてから追記)。

阪神10R「第58回神戸新聞杯(GU)」結果
1着3枠3番ローズキングダム
2着5枠5番エイシンフラッシュ
3着1枠1番ビッグウィーク
4着4枠4番タニノエポレット
5着7枠10番レーヴドリアン

7着マストハブ

むちゃくちゃ堅かったが、やはり二頭が抜きん出ていたようだ(二頭のあがりは同じ33.3秒)。菊花賞、楽しみである。

中山のメイン、オールカマーも予想を書こうと思ったら馬券を買おうと思ってこのブログを記していたら締め切られてしまった、最悪である。7番大穴のデストラメンテでも狙おうかと思っていたのにである。しかしたった今、その結果が出た。はふぅ〜、買わなくてよかった^^である!

そう、欲望に目がくらんではいけない、競馬やチャット、ペニーオークションなどに手を出さなければ勝ち!余計なものに手を出さなければそれだけで世の中、勝ち組なのだ。特に貧乏人はそう。貧乏人はもともとそうしたものに目がくらみがちな性質をしているものなのだ(貧乏ゆえに)。そして手を出して一層、いけない状態になっていく。しかしそうしたものに手を出さなければこれまたよりつまらない、味気ない人生だと感じてしまうのも事実。だから結局は出しちゃう、出して詰んじゃう、終わっちゃう。

中山11R「第56回オールカマー(GU)」結果
1着5枠5番シンゲン
2着3枠3番ドリームジャーニー
3着2枠2番トウショウシロッコ
4着1枠1番サンライズベガ
5着8枠10番ジャミール

7着デストラメンテ

シンゲンが10ヶ月というブランク、休み明けにかかわらずドリジャニを破りおった。シンゲンは名前負けしていない。こういう短い名前の馬は大物が多い気がするぞ(といっても思い浮かぶのはクロフネぐらい。シンゲンもGT馬ではないので気のせいか)。ジャミールはこのままイマイチな馬で終わるのかまだ4歳なのでステイゴールドだけにこれからなのか定かではない。
posted by 白馬の王子 at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

阪神10R「第28回ローズステークス(GU)」&中山11R「第64回セントライト記念(GU)」予想

ついにトライアルレースがはじまった。しかしまだまだ暑い。なぜか暑い。まだ夏なのだ。いいぞ、いいかんじだ、このままずっと夏でいい。電車では女子高生たちが私を勇気付けてくれる。10月になっても夏服でいてもらいたい。そして座っている私の目の前に立っていてくれないか、いつまでもいつまでも続く夏のようにとわに・・・。

そうそうトライアルレースである。もうすぐ秋華賞に菊花賞、楽しみである。ナカヤマフェスタ、ヴィクトワールピサの出走する凱旋門賞も楽しみだ。確か10月3日だっけかな。ナカヤマは休み明けの東京でもの凄く強いレースを見せた。あれは本物だったわけだ。凱旋門のような長い直線、あっているような気がします。ピサにしても前走はあれだったが、そしてもはやあまり期待されていないようだが、期待されてない時の方がいい結果が出るもの。どうなるかまだまだわかりません。走ってみないとね。

そうそうトライアルレースである。本日は阪神ではローズステークスが、中山ではセントライト記念が行われる。私も悩んでいる。何時にクォーターパウンダーを買いに行こうかと。レース前か、レース後か、つまり昼飯にするか晩飯にするかである。なにやら今200円で売っているそうじゃないか、これは買いにいかなくては、である(私の住む地域でもちゃんとやっているのか心配だが)。そして私はマクドナルドが好きで、女子高生、競馬同様、もはや愛しているのである。あぁマクドナルドで若い頃バイトすればよかったと後悔がその肉汁のように垂れ溢れて出ている。とってもエッチなんだ。

それでも好きだからいいさ。私はマクドナルドに行く時わくわくする。あそこは女子高生も多いもんな。そう、女子高生も好きなのである。女子高生も大好物なのである。ファーストフード大好き、それが女子高生で、そのファーストフードを好む女子高生を愛しているのが、この私、白馬の王子である(あぁ、マクドナルドと女子高生に競馬が好きな白馬の王子などかつていただろうか、もっと紳士的であるべきで、もっと上質のもの、ハンバーガーなら迷わずモスバーガーを選択すべきだというのに)。つまりマクドナルドへ行けば女子高生に可愛い店員さんがついてくるのである。そりゃ行くに決まっている。あぁ、私もそうしたお店を一つ運営したいものだ。私好みの私色に染まれ・・。

そうそうトライアルレース、トライアルレース、どうも話が脱線してしまう。こんなだとスポーツ新聞の連載依頼も来ないぞ(来るわけがないのだが)。


さぁ、セントライト記念からいってみようか。このレース、結構、アナっぽい馬がちらほらいてる。人気どころ以外で気になるのは、1番ナイスミーチュー、5番フェイルノート(これはそこそこ人気)、6番シルクスチュアートに、7番ベストアンサー、あとは10番ゲームマエストロと11番シャイニンレーサーだ。

特に狙いたいのは、6番シルクスチュアートと7番ベストアンサー。シルクは休み明けな点はマイナスだが、前走、勝っていればこのレースかなりの人気を背負っていただろうダークシャドウに小差、肉薄している。出遅れたのにシャドウの2着を確保した点、そして残り3ハロンの末脚も彼より0.2秒速い点を評価したい(あくまでシャドウとはそれほど差はないだろう)。あとはゼンノロブロイ産駒という点にも注意だ。

ベストアンサーも2連勝中で勢いがある。最近、アグネスタキオン産駒がイマイチなのが気になるが・・・。まぁ、今のところこの二頭から1番ナイスミーチュー、2番アロマカフェ、13番クォークスターのラジオNIKKEI賞上位組みに、3番ゲシュタルトあたりにワイドでいっとくかな、と考え中。思い切ってというか、点数を、支出を抑えるためにも6番シルクのみからいってもいいかな、と思っている。


阪神のメイン、ローズステークスには、阪神JF、桜花賞、そしてオークス、全て1着という輝かしい成績のアパパネ姉さんが参戦。無論、本命である。しかし休み明けなのでポカをする可能性もあろう。今回は本番、秋華賞へ向けての準備運動なのである。ま、それでも、軽くやっても勝ち負けできるレベルであるだろうが、今回はオウケンサクラ、アニメイトバイオ、アグネスワルツ、エーシンリターンズなどといったなかなか油断できないメンツがそろっているのも確か。天候も晴れで、芝の状態も良いようなので大崩れはしないだろうが、絶対ということはない。何が起こるかはわからない。けれどもこのレースは難しそうなので観戦だけにしようかな。それともアグネス、アニメイトバイトとか、あえてアパパネを外した三連複でちろっと買ってみるのも面白いだろう。

気になるアナ馬は、阪神でこのパンパンの良馬場での末脚の怖い1番タガノエリザベート、今をとくめくステイゴールド産駒トゥ二ーポート、1着10着1着10着を交互に繰り返し、このくらいの距離で結果を出しているファルブラウ産駒の11番ニチドウルチルあたりだ。
posted by 白馬の王子 at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果