最近の記事
2010年04月11日

阪神10R「第70回 桜花賞(GT)」予想

昨日、土曜日に行われた阪神牝馬Sは不完全燃焼に終わった。あと一歩のところまで来ていたので、なぜもう一歩、踏み込めなかったのか、また、なんでワイドでちょこちょこと狙うのか、せめて三連複だろ、などと自分自身を責めさいなみ、仕舞いには、あぁ、あれが当たっておれば、桜花賞の資金ができたのになぁ、などと思ったり、三連単で買っていたら、一体どうなっていたか、などと考え出す始末。つまり興奮して昨夜は殆ど眠れなかったのである。競馬予想、そしてレース自体もちょっとしたことで結果が違ってくるものだ。

本日の桜花賞もどうなるかわかりません。力差もそうあるように思えない。なので展開、流れも左右してくるでしょう。

不思議なのは阪神JF1着のアパパネは同じキンカメ産駒のショウリュウムーンに、そして同2着のアニメイトバイオは同じゼンノロブロイ産駒のギンザボナンザに前走、敗れていること。そしてキンカメ産駒、ゼンノロブロイ産駒にはそれぞれもう一頭、エーシンリターンズとコスモネモシンがいるということです。

キンカメ産駒のエーシンリターンズはアパパネが2着に屈した前走チューリップ賞でアパパネと僅差の3着なのでこちらも力があります。ゼンノロブロイ産駒のコスモネモシンにしてもジャンポケ産駒で現在2番人気のアプリコットフィズに勝っています。

これは一体、何を意味するのでしょうか。ここらへんに答えが潜んでいるような気がします。キンカメとゼンノ産駒のBOXでもいけちゃうのでは、とか考えてしまいます。

けれども普通に考えるとチューリップ賞4着のオウケンサクラが次走フラワーカップで上述のコスモネモシンを破っているので、チューリップ賞組の方が有利なのではないか、力が上なのではないか、と思えてきます。

そうなるとチューリップ賞組のキンカメ産駒から2頭を選択し、そこから流すのが無難で当たる可能性が高いのでは、と思います。チューリップ賞組のBOXも面白いでしょう。

私は8番オウケンサクラから、名前からいっても桜花賞にふさわしいオウケンサクラから、1番ショウリュウムーン、9番アパパネ、11番エーシンリターンズのキンカメ産駒のうち2頭を選択し、2頭軸2点の二刀流で行こうかな、などと考えております。

オウケンはチューリップ賞4着ですが、ちょっと後ろからの競馬になりましたし、前走のように前めの競馬をすれば、あの勝ちっぷりからいって良い勝負ができるのではないかと思えます。フラワーカップ優勝馬は04年から6年にかけて3年連続で連帯している点も大きい。それに、どちらかといえば先行馬の方が得意そうな安藤騎手との相性もいいのではないでしょうか。このように良い点が多くあればあるほど来る可能性が上がってきます。おそらく来るでしょう、来ちゃうでしょう。

オウケンさえ絡めば三連複なら最低でも現時点で25倍つくので美味しい馬券になります。オウケンさえ絡めばいい。オウケンさえ絡めばキンカメ産駒も1頭は自ずとついてくる、こいつらはセットなのであります。

気になる穴馬は外枠の3頭、16番ラナンキュラス、17番シンメイフジ、18番プリンセスメモリーあたりかな。ラナンキュラスは桜花賞馬ファレノプシスの娘、親子制覇であっと驚かすこともありえそう。シンメイフジは、今ノリノリのフジキセキ産駒。プリンセスメモリーは過去5戦で最速あがりを3回も記録し、前走、敗れたのは2番人気のアプリコットフィズだと考えると、その馬の2着なのにこの人気は怪しいなぁ、などと思えてきます。

ダラダラと書きましたが正直、まだ出てきていません。まだ答えが降りてこないのです。このまま降りてこなければオウケンから行こうかなと思っております。オウケンは来るような気がするのです。あとは相手。キンカメのどの馬か、です。
タグ:阪神 桜花賞 GT
posted by 白馬の王子 at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

中山11R「第42回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GV)」予想


大阪杯はドリジャニが来るだろうから、予想を止して、ダービー卿に絞ろうと思う。

◎は7番ショウワモダン。この馬、中山があっているように思える。たまにポカをするが、集中して走れば中山なら粘れる。

対抗の○に同じく先行馬の8番マイネルファルケ。二頭仲良く、同じ枠というのもいい。うまいこと二頭で競り合ってくれれば、、と思う。

この二頭から12番トライアンフマーチ、13番ファリダット、16番フィフスペトルに流しておけばいいのかな、と思う。

1番セイクリッドバレー、3番サニーサンデー、4番タケミカヅチ、5番リザーブカード、14番ゲイルスパーキー、15番マルタカエンペラーあたりも余裕があればおさえておきたい。
posted by 白馬の王子 at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

中京11R「第40回 高松宮記念(GT)」予想

昨日のドバイは惜しかったですね、、ブエナビスちゃん。レッドディザイアは、何かを敏感に察知してしまったのか、入れ込んでいたようで残念です(口惜しくて深夜遅くまで、ステイゴールドとハーツクライの動画を見ていました)。

とにかく全馬、無事に最後まで走ってくれてよかったですが(成績も4着4着2着11着なのでそう悲観することはありません)。


本日は高松宮記念、気をとりなおして予想しましょう(もう時間がない、急がないと!)


1番セブンシークイーン、2番アイルラヴァゲイン、4番ショウナンカザン、7番カノヤザクラ、12番グランプリエンゼル、18番ピサノパテックからワイドで3番アルティマトゥーレ、6番キンシャサ、17番ビーガルでいこうかな、などと考えています。



posted by 白馬の王子 at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果