最近の記事
2010年01月24日

中山11R第51回「アメリカJC杯(GU)」予想

今日の予想レースはアメリカJC杯GU。

頭数は13頭なのでこれは予想しやすいかも、と思い選択したのです。

といっても結構、難解だな、と思います。こいつは大丈夫ってのがなかなか見つからない。

まぁ、2番トウショウシロッコと4番キャプテントゥーレのどちらかは三着以内に残りそうなのですが、少し不安な点もありますし、他の馬もどう転ぶかわからない(1番デルフォイ、8番ゴールデンダリアあたりも良さそう)。

個人的に思う穴馬としては、5番ドットコム、6番ベルモントルパンをあげたく思う。

どちらもそれなりに走る馬だし、混戦模様のこのレース、三着以内を考えると、面白いのではないか、と思う。

特に後者は逃げ粘りが期待できそうだ。前走は1600万下ではあるが、同じ中山の舞台で0.4秒もちぎっている。こういう馬は要注意だ。

なので買うとしたら、前残りを期待して、4番キャプテンと6番ベルモントルパンからいくかな。

あと20ヶ月ぶりの12番アドマイヤコマンドには、ダービーで個人的に苦い思い出がありますが(コマンド、スマイルジャックからいったもんで・・・)頑張って欲しい。また、どんな走りを見せてくれるか楽しみでもあります。
posted by 白馬の王子 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
2010年01月17日

京都11R第57回 日経新春杯(GU)結果

いやぁ、やっぱりユメイッポ足りなかったですね、いやぁ、そう簡単ではありません、競馬と人生というものは(よく考えたら人生について語れるほど経験も実績もないけど)解答を読む
posted by 白馬の王子 at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

京都11R第57回 日経新春杯(GU)予想

あけましておめでとうございます。

去年はまるで予想を書くことができませんでした。

今年はGTだけでなく、他のレースも含め、頑張って予想をしていこうと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

それでは今年一発目の予想、開始!

今年初の予想レースは日経新春杯(GU)に決めました。というのもこのレースは結構、予想しやすいかも、と思ったからです。

切ることのできそうな馬も多い。1番インティライミ、2番マンハッタンスカイ、5番ドリームフライト、6番キングトップガン、9番レッドアゲートの計5頭が早くも消え去りました(マンハッタンスカイは少し気になりますが)。

12頭いた馬たちがあっという間に7頭に絞られたのです。

本命馬も簡単ですぐに答えが出ました。

8番トップカミングで間違いないでしょう。1000万下の東京コースで0.7秒差という大差で貫禄を見せていますし、前走でも0.2秒の差をつけて勝っています。以前は、甘いところがあった馬ですが、本格化の兆しを見せています。

7番のベストメンバーも人気になりそうですが、やはり8ヶ月のブランクが気にかかりますし、同じ京都の舞台、きさらぎ賞でリーチザクラウンに千切られている成績からしても、そないではないか、危険な人気馬になるのではないか、と考えられるので軸にはしません。

その他、気になる馬は、武豊騎乗の4番サンライズマックス、それから外枠の牝馬2頭、11番セラフィックロンプに12番メイショウベルーガ。

サンライズはそろそろ飛んできそうです。セラフィックもそろそろ穴をあけそう、穴馬で来るならこの馬だとそんな予感がします。メイショウは近頃、堅実ですし、力を付けているので大崩はなさそうな気がします。

というわけで、馬券を買うかどうか分かりませんが、買うとしたら8−4、8-11、8-12から切った馬以外に流そうかと思います。

恐らくこれでいけちゃうでしょう。
posted by 白馬の王子 at 03:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
2008年05月04日

第137回「天皇賞(春)GT」結果

そうか、なるほどそういう結果になるわけか、いやぁ、競馬ってほんっとにいいもんですねぇ。解答を読む
posted by 白馬の王子 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果

第137回「天皇賞(春)GT」予想

本日は、このような最高の青空の下、天皇賞(春)GTが行われます。言い訳なしの真っ向勝負の舞台が用意された、といってもいいでしょう。私もせっかくなので予想することにしました。

それにしても混戦。どの馬が来てもおかしくはないです。実力差が微妙!接戦!いったいどうなるのでしょうか。タイムリミットが迫っています。あと一時間ほどすれば必ず結果が訪れる!その答えを知る者は、今のところ誰一人いません!いやぁ、競馬ってほんっとにいいもんですねぇ。

こういう力関係が微妙な時は人気薄を狙ってみたくなるものです。なぜかというと、人気馬と力差はそんなにないのに人気面では差が開いているからです。で、私は次の馬たちに注目しています。

3番アドマイヤフジ、4番アドマイヤモナーク、11番トウカイトリック、12番アイポッパーの四頭です。

アドマイヤフジは前走があんまりだったので一気に人気を落している(あれは位置取りの差が出たかんじだが)。これは長距離がどうなのか、といったこともあるでしょう。しかし、こういう時こそ激走がありえるのです。

アドマイヤモナークの父はドリームウェルなので、ドリームパートナー、ドリームパスポートではなく、ドリームパスポート、アドマイヤモナーク(ドリームウェル)のドリーム、ドリームになる可能性の方が高いでしょう。

トウカイトリックはエルコンドルパサー産駒。長距離が得意な印象がある。かなり絶好調に近いようだ。

アイポッパーも順調。歳はとっているが大舞台でも上位に来る力を備えている。


他、気になる馬。


4番ホクトスルタンも怪しい馬です。イングランディーレでしたっけ、あの馬がマンマと逃げ切ったことを思い出します。あの馬と比べると断然来るような気がするものです。だから要注意ですね。

10番ポップロックも侮れません。いうても前走、阪神大章典、三着です。

8番メイショウサムソンは分かりません。こちらもいうても前走、大阪杯、六着です。

13番アサクサキングスは強いけれどもレースになってみないと分からない不安な要素があるのは確かです。でも今までで最高の状態であるようです。最高の晴れ舞台に最高の状態で臨めるこの馬が一番人気になるのも無理はありません。

14番アドマイヤジュピタはスローなら独走する可能性もありますが、何分、フレンチデピュティ産駒である点が気にかかります。なぜなら長距離の印象がないのと、この産駒、人気薄ならGTでも活躍しますが、人気がある場合は、GTなど大舞台になるとコケルことが多い気がするからです。ただ今回は三番人気に位置しているため、これならば、と思う節があります。この馬から行こうかと悩むところです(1000万下ではあるが京都コースでぶっちぎった点もプラス要素だ)。

7番ドリームパスポートは、ほどよく仕上がっているといえるかもしれない。騎手との相性がどうなのかなぁ、などなど不安な点もありますが、大分、調子を戻しつつある印象です。

で、結局私は、どういった買い方をするのかというと、正直まだ決まっていません。ドリパスかモナーク、フジの末脚が炸裂するのかどうかで迷っているところです。その辺りをチョチョチョイといじったりなんかして軽く賭けようかな。いいや、ジュピタだ、ジュピタからいっちゃうか!


芸能人予想情報。


爆笑田中さんの本命はドリパス(ドリパス、サムソンからです。この二頭が仲良くそろって来るところが見たくもあるし、その可能性もありえるでしょう)。

シャンプーのてつじは、珍しく人気どころのアドマイヤジュピタからいっています。奈々ちゃんはホクトスルタンからです。
posted by 白馬の王子 at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想と結果
2008年02月24日